ブログから、話題を知る、きざしを見つける

425日(水)に語られた展覧会といえば…

アート
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「展覧会」について語っているブログ
洲之内コレクション12018年4月25日(水) 03:27
洲之内コレクション1
洲之内コレクションに関する展覧会を、調べてみました。
三重県立美術館
cocolog-nifty.com medicine7588.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/...このブログを読む
最後は、黒田稲皐(とうこう)の「千匹鯉図」、これも迫力でした。
この展覧会、最後の章は、「リアル」の追究に一生をささげた二人のビッグネームの作品の展示で構成されています。
おしまいに、見応えのある絵画のオンパレードです。
at.webry.info mignonbis.at.webry.info/201804/article_3.htm...このブログを読む
ちなみに2008年にサントリー美術館が開催した「ガレのジャポニスム展」では、ガレの美学=「もののあはれ」が強調されていた。
日本美術とのつながりを力説していた美術館が、今度の展覧会では中国美術からの影響を日本よりも優先する方針に転換したらしい。
ガレが愛したという「もののあはれ」の世界は、中国起源になるのだろうか。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/seivoci0004/20180424/15245654...このブログを読む
主に17世紀オランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品、中でも印象派・ポスト印象派の作品は傑作中の傑作が揃い、そのコレクションの質の高さゆえ世界中の美術ファンから注目されています。
この度、ビュールレ・コレクションの全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現することとなりました。』と公式サイトにありました。
ビュールレの没後に遺族により設立された財団に移された多くのコレクションが、1960年に美術館として開放された邸宅の別棟で一般公開されていたのですが、2008年、セザンヌの「赤いチョッキの少年」をはじめとする4点が、武装した強盗団により盗まれ日本でも大きく報道されました。
blog.so-net.ne.jp kazuya77x.blog.so-net.ne.jp/2018-04-25このブログを読む
アトリエの予定2018年4月24日(火) 23:57
5月20日(日)の「お絵描きパラダイス」は自治会の都合により中止となりました。
6月17日(日)は東大和クラス「父の日展覧会」です。
楽しい工作付きです。
at.webry.info atelier-genesis.at.webry.info/201804/article...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
アート

  
  
この話題のRSS

「展覧会」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「展覧会」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.