ブログから、話題を知る、きざしを見つける

326日(火)に語られた読み方といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「読み方」について語っているブログ
しかし、読んでいくと、ああこれが、『羅生門』の、『藪の中』の、『六の宮の姫君』の、『芋粥』の、出典になった話しであると、感じ取りながら読むことになる。
これは、近現代になってからの、『今昔物語集』の新しい読み方なのかもしれない。
以上の二点が、今回、『今昔物語集』を読んでみて感じるところである。
asablo.jp yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/25/9051184このブログを読む
逆説的だが、日本の企業が賃上げに慎重な姿勢を続けてきたことが生産性の低迷を招いたとの見方がある」
これを読んで、本村凌二氏の『教養としてのローマ史の読み方』のなかの一節を想起した。
ローマの奴隷制度がイノベーションの遅れを招いたとの指摘である。
asablo.jp dark.asablo.jp/blog/2019/03/20/9049574このブログを読む
追い掛けてジョギング(^^;)2019年3月19日(火) 23:06
数字の読み方を覚えたたり
カレンダーの曜日を覚えたり、時計の読み方を覚えて始めたり・・と
興味の枠がどんどん広がっていき、スポンジが水を吸収するよう(^^)。
asablo.jp risu.asablo.jp/blog/2019/03/19/9049263このブログを読む
キリスト教を相対化した歴史書
先日読んだ本村凌二氏の『教養としてのローマ史の読み方』に次の記述があった。
「フランスを代表する歴史家ポール・ヴェーヌは、著書『「私たちの世界」がキリスト教になったとき――コンスタンティヌスという男』(岩波書店)の中で、次のような疑問を投げかけています。/「もしユリアヌスがあと20年間生きていたら、本当にキリスト教があれだけ普及しただろうか」」
asablo.jp dark.asablo.jp/blog/2019/03/18/9048855このブログを読む
家電に四苦八苦2019年3月18日(月) 13:33
家具は関心がないのですが、レンタルのアナならバラエティに出る機会もないので、テレビなんて思わなくて済むでしょう。
冷蔵の読み方もさすがですし、家電のは魅力ですよね。
このところテレビでもよく取りあげられるようになった商品は私も興味があって、機会があれば行きたいと思っています。
cocolog-nifty.com atatatatatatat.cocolog-nifty.com/blog/2019/0...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「読み方」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「読み方」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.