ブログから、話題を知る、きざしを見つける

718日(水)に語られた著書といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「著書」について語っているブログ
翻訳も良質なのだろう。
科学ジャーナリストLousa Gilderの初めての著書、とのこと。
8年におよぶ徹底取材でものしたという。
cocolog-nifty.com 10chan-kokoro.cocolog-nifty.com/blog/2018/07...このブログを読む
→ https://twitter.com/mitoooya2
■私の著書
資産10億円を作る不動産投資術(新刊)
teacup.com air.ap.teacup.com/nobg3/7418.htmlこのブログを読む
読書感想文6422018年7月18日(水) 19:22
2012年の発行だ。
私が参加した2012年の『富士山マラソン』に瀬古さんが来ていて、サイン入りで著書を即売していたのは、本書だったのかもしれない。
やはり、本気で“マラソン道"を究めようとし、実積を残してきた人の言うことは説得力がある。
teacup.com red.ap.teacup.com/mx5b6/650.htmlこのブログを読む
登山靴を“AKV"に、ザックを“PARAGON48"と軽量化を計ったものの、登りは皆さんと一緒に行動がとれない。
今般は、卒業論文を「役小角…空海以前の日本古代山岳宗教」とし、郷土の鈴鹿山系や大台ヶ原山の著書もそこを基点にして書いたため、メーンコースの修験道の戸隠山に参加したかったが諦めた。
そのかわり、3日目に戸隠奥社にお参りできたことは嬉しかった。
cocolog-nifty.com ohkawa-a.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/16-4...このブログを読む
集合住宅の建設が主体だった時代の中で、五棟もの住宅を自ら設計し建て住みながら「日本の住まいの理想形」を追求した藤井は稀な存在である。
自身の「建築の旅」で得た体験を著書と図案集にまとめ世に公開する事で、住宅建築の体験の少ない人々の道標となる「日本の住宅」を説き普及を意図していた。
理想形の「聴竹居」に住んで僅か10年、1938年7月17日に49歳の若さで逝去、ル・コルビュジェと同年齢まで27年の時間があったなら藤井は計り知れない程の影響を建築界に残していた事だろう。
at.webry.info mirai-wood-archi.at.webry.info/201807/articl...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「著書」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「著書」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.