ブログから、話題を知る、きざしを見つける

512日(金)に語られた著書といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「著書」について語っているブログ
開催要領は下記のとおり。
なお、笠井さんは昨年光人社より御著書「最後の紫電改パイロット」を上梓されました。
予習としてぜひご一読されることをお奨めします。
ameblo.jp ameblo.jp/zero21nk/entry-12274117655.htmlこのブログを読む
卑屈になっている時間はない2017年5月12日(金) 22:40

4冊目の著書、大好評!
これ読んで結婚した方が誕生し始めています。
ameblo.jp ameblo.jp/hapikon/entry-12274114700.htmlこのブログを読む
レインボー・ペンシルで虹を描く
睡眠といえば、久しぶりに拝読した外山滋比古氏の著書『知的な老い方』 (だいわ文庫)の中で「早起き」について次のように述べておられます。
「小説家が、夜を徹して、原稿を書くのが当たり前のようになっていた大正から昭和にかけてのころ、もっとも人気が高く、もっとも多忙だと思われていた菊池寛が、夜は1行だって原稿を書こうと思ったことがない、といい放った。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/fushikian15301578/20170512#p1このブログを読む
どこに行っても自分と道連れ!2017年5月12日(金) 22:19
どこに行っても自分と道連れ
これはジョン・カバット・ジンのすばらしい著書のタイトルだ。
文字どおり、人はどこに行っても自分と道連れだという意味である。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/himekobo1040m/e/d972700cee44b...このブログを読む
ヘリテージ財団は米国右派の拠点であり、非合法のスパイ活動も支援するという諜報機関の巣窟だというのだ。
だが、一方の石原はというと、著書『「NO」と言える日本』(光文社)でも明らかなように、対アメリカ強硬論者として知られている政治家だ。
その石原が"敵"の、しかも"スパイ"の拠点で「尖閣国有化」をブチ上げただけでも驚きだが、さらに驚くのはこの講演には仕掛け人が存在したことだ。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/shpfive/e/a66dd2ecbe5d87641d0...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

イベント

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「著書」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「著書」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.