ブログから、話題を知る、きざしを見つける

226日(火)に語られた栗本薫といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「栗本薫」について語っているブログ
やけ(カバー、ページ、天・地・小口)、カバー少し傷み(縁・角、すれ)
◆ グイン・サガ173(ハヤカワ文庫) 73冊揃; 豹頭の仮面地上最大の魔道師; 1995.4改訂版‐2000.7/栗本薫著/早川書房 book-6139) ご入用の場合はこちらへ
asablo.jp nakaoshoten.asablo.jp/blog/2019/02/26/904092...このブログを読む
ネフェルティティの微笑2019年2月5日(火) 22:13
これ、とても面白いです。
ちょっと他の栗本薫作品と違うタッチで、違う文体に思えますが、こういうのもあるところが栗本薫の面白いところでしょうか。
あまりなじみのないエジプトの風景や風俗の中で事件が展開しますが、それが主人公の心細さや疎外感などを強調するようで、いい雰囲気です。
cocolog-nifty.com papy.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-d6b...このブログを読む
日記 (1/ 29)2019年1月29日(火) 08:38
エリック・クラプトンはそれほど劣化してるとは思わないけど、最後の日本公演だって言ってから何度目かの4月に来日で、今年74歳になる割には優れたレベルをキープしてるんだけど、それでも最高のパフォーマンスを見せた2001年からは18年も経ってるし、そろそろ人前に立つのは止めた方がいいと思うのはパッキャオと同じで、どの分野でも引き際っていうのは大事だよなあって思うんだよね。
長いこと日本で一番長い小説は“大菩薩峠"だと自分は思ってたんだけど、栗本薫って作家の“グイン・サーガ"なんだってね、知らなかったなあ………。
この小説は読んだことがないんだけど、世界で一番長い小説、プルーストの“失われた時を求めて"は中学生時代に読んだことがあって、ただ意地で挑戦するって気持ちだけだったもんで、どんな内容だったか全く覚えていないんだわ。
cocolog-nifty.com murakida-box.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/...このブログを読む
それどころか、傭兵だった時からすでに王者の風格を漂わせていたグインに比べると、港町ヴァラキアの娼婦の子として生まれ、一介の傭兵から身を起こして権謀術策の果てにゴーラ国の王座を簒奪してしまう、一代の梟雄イシュトヴァーンの方に作者が感情移入していることは、長年の読者なら手に取るようにわかる事です。
イシュトヴァーン一代記とは、作者の故・栗本薫さんにとって、「自分が男だったら送ってみたかった人生」だったのでしょうから(画像は『グイン・サーガ別伝6』(角川文庫)の表紙より)。
もちろん、人気もグインを圧しています。
cocolog-nifty.com fantastiquelabo.cocolog-nifty.com/blog/2019/...このブログを読む
の例として、作家の栗本薫について述べる。
栗本薫は、生前、小説は栗本薫の名義、評論を書いている時は中島梓の名義を使っていた。
このような場合は、それぞれの著者名典拠レコードの「SAF(からも見よ参照)フィールド」に、相手側の著者名を記述し、その後「SAFフィールド」に相手方のレコードをリンクして紐付けすることで、この2人が同一人物であると認識できる。
cocolog-nifty.com cafe-master11585.cocolog-nifty.com/1718_/201...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「栗本薫」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「栗本薫」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.