ブログから、話題を知る、きざしを見つける

324日(日)に語られた新潮文庫といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「新潮文庫」について語っているブログ
1909年東京外国語大学ロシヤ語本科に入学、旧友の中村白葉などとともに『露西亜文学』を創刊します。
1914年処女出版として新潮文庫からドストエフスキーの「白痴」を刊行開始しますが、この時は第四巻で中断の憂き目をみます。
その後幾つかの職を経験しながらも、1929年に白葉とともにトルストイ全集を岩波書店から刊行します。
cocolog-nifty.com kotenkyoyobunko.cocolog-nifty.com/blog/2019/...このブログを読む
今回はそんなことを感じた。
新潮文庫芥川作品は残すところあと二冊。
「河童・或阿呆の一生」と「侏儒の言葉・西方の人」である。
cocolog-nifty.com shibachannel.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/...このブログを読む
「つやのよる/井上荒野」を読みました。
『つやのよる/井上荒野著(新潮文庫)』を読みました。
つや(艶)という名の女性がいて、亡くなるまでの間に様々な人(男)と繋がり、そこにはそれぞれの男と女の修羅場があり、女の情念がなまめかしく醸し出され、輝いたり、静かに事態を見つめるようにじっとして少しばかり蠢いたりしている。
cocolog-nifty.com techo.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-9c...このブログを読む
■ヤウス『挑発としての文学史』★ 岩波現代文庫
■ピーター・バラカン『魂のゆくえ』★ 新潮文庫
■古井由吉『眉雨』★ 福武文庫
cocolog-nifty.com ramble-in-books.cocolog-nifty.com/blog/2019/...このブログを読む
2019年の読書2019年3月16日(土) 11:38
2019年の読書
古谷田奈月さんの『ジュンのための6つの小曲』(新潮文庫)を読了。
cocolog-nifty.com gef07162.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/2019...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「新潮文庫」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「新潮文庫」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.