ブログから、話題を知る、きざしを見つける

413日(金)に語られた大法廷といえば…

強く関連する言葉がありません

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「大法廷」について語っているブログ
根源は社保庁不当解雇2018年4月13日(金) 12:33
判決は7月5日15時。
1階大法廷
不当解雇から8年3ヶ月。
cocolog-nifty.com rodo110.cocolog-nifty.com/aichi/2018/04/post...このブログを読む
万が一、最高裁で放送法が違憲とされれば、現在受信料の支払いを拒否しているという約900万世帯に正当性が与えられるばかりか、NHKのアイデンティティが根底から覆ってしまう。
2017年12月6日、最高裁の大法廷(裁判長:寺田逸郎長官)はNHK受信契約の義務規定を合憲とする初の判断を示した。
最高裁の判断は「テレビを持っている世帯は必ず受信料を払わなければならない」ということだ。
at.webry.info kiyosige.at.webry.info/201804/article_3.htmlこのブログを読む
「停念堂閑記」872018年3月26日(月) 11:21
拗れに拗れた場合、最後は、最高裁の判断を仰ぐことになるのですかね。
大法廷で、「このダジャレは、少し笑えるので、50円の支払いを命ずる。」
「このダジャレは、全く笑えないので、罰金50円の支払いを命ずる。」
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/otakatsuya/20180326/152203086...このブログを読む
最近の判例(東京高裁平成28年12月1日判決・裁判所HP,広島高裁平成29年2月8日判決・公刊物未登載)を素材に,源泉徴収制度に含まれる解釈を論じたものです。
具体的には,最高裁昭和37年2月28日大法廷判決・刑集16巻2号212頁がいう「特に密接な関係」(特別密接関係)とはどのような関係をいうと解すべきなのか,支払者には注意義務があるのかという論点を中心に,源泉徴収義務を負うか否か(及び源泉所得税額がいくらか)を支払時に支払者が判断することが困難な場合における源泉徴収義務の発生について解釈論を展開しました。
cocolog-nifty.com torikaiblog3.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/...このブログを読む
大飯原発差止め訴訟の裁判2018年3月14日(水) 01:48
10:35 抽選
11:00 第25回法廷 大阪地方裁判所 202号大法廷
法廷終了後 報告・交流会:島根ビル9階会議室
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20180313/...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「大法廷」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「大法廷」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.