ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1029日(月)に語られたといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「句」について語っているブログ
栗名月2018年10月29日(月) 23:16
「あの月をとってくれろと泣子哉」
と云う形でも詠んでいます。
*
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/kanamankun/20181029/154082261...このブログを読む
平成30年度第7回隅田川句会例会2018年10月29日(月) 16:49
2 会 場 江東区総合区民センター
3 投 兼題:「冬」・「水」、雑詠:2 計4
cocolog-nifty.com yagikun.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/30-ae...このブログを読む
秋の夕暮れ2018年10月29日(月) 16:33
どの歌も、三目を「けり」で切り、五目を「秋の夕暮れ」で結んでいるのが特徴だそうです。
私の迷
雨戸を閉め 近所の家を見渡せけり 物悲しい秋の夕暮れ
cocolog-nifty.com tadoni.cocolog-nifty.com/bora/2018/10/post-0...このブログを読む
自分を直せ」(ルカ4:24)となる。
キリスト教では冒頭の聖が示す通り、「一度死ぬこと…は定まっている」。
信徒の出発点は、その死とさばきを解決してくれたのが、あの十字架上で身代わりとしての死を遂げたイエス・キリストであったという事実である。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/hatehei666/20181029/154078455...このブログを読む
折紙歌合拾遺 紙雛篇2018年10月28日(日) 23:06
以上、こういう文章を書くと、『折紙歌合』でもそうだったが、わたしなりの読みの発見もあって、自分が目利きか読み巧者になったかのように勘違いしそうになる。
そして、それとは別に、年古りての短歌や俳への関心、とりわけ井月のような寂々としたへにこころ寄せる感覚は、加齢の影響もあるのだろうか、などとも考える。
萩原朔太郎は、『芭蕉私見』(『郷愁の詩人与謝蕪村』所収)に次のように記す。
asablo.jp origami.asablo.jp/blog/2018/10/28/8984797このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「句」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「句」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.