ブログから、話題を知る、きざしを見つける

324日(金)に語られた中国経済といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「中国経済」について語っているブログ
公船が尖閣諸島に現れだし、漁船もどきもでました。
中国経済に不安を感じてのことだと思います。
これからFXを始めたい方は
blog.so-net.ne.jp http://moukaruyouni704.blog.so-net.ne.jp/2017-03-23...このブログを読む
ネトウヨ、安倍政権、自民党、御用経済関係者は
中国経済崩壊する」と百回言えば崩壊する言わんばかりに言い続けているが
そんなに日本を滅ぼしたいのか?
blogs.yahoo.co.jp http://blogs.yahoo.co.jp/maoiruerrr/35227447.htmlこのブログを読む
国内の客離れを補っているのは海外来園客、円安による中国人観光客の「爆買い」の恩恵はTDRも受けているのが現実だ。
しかし、中国経済の減速、原油安からの先行き不透明感から円高に動きつつあり、今後はそうそう「爆買い」は期待できない。
オリエンタルランドは、このままマクドナルド化の道を進むのか。
cocolog-nifty.com http://ppp-kumanomuh.air-nifty.com/blog/2017/03/pos...このブログを読む
前回まで、けんじいの中国語との付き合いを長々と述べてきたが、学生時代からの中国に対する関心の末、仕事の上で中国経済の調査部署にいたことがある。
その1970年代は、中国の情報も少ないため、中国経済調査の仕事はしたくても、なかなかできないというのが実際だった。
中国に関する情報が溢れる今日とは雲泥の差である。
blogs.yahoo.co.jp http://blogs.yahoo.co.jp/kenichinagoya/35634949.htm...このブログを読む
むろん、高関税など保護主義は「米中貿易戦争」を起こし、真っ先に被害を受けるのは外資系企業であり、とりわけ米企業との忠告も忘れない。
さらに、中国経済について習近平総書記はトランプ大統領に17年成長目標は6.5%前後に下方州したものの世界経済の回復に力強さがない中、「世界の成長センターとして中国経済は重要なカギを握る」と楽観的な見通しを伝えるという。
その上で、「習総書記は、世界の成長センターと貿易戦争で対立するより中国の成長果実を採った方が得策ではないか、と提言する」(同国際金融筋)という。
blogs.yahoo.co.jp http://blogs.yahoo.co.jp/ericcartmancult/63850753.h...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「中国経済」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「中国経済」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.