ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1020日(金)に語られた世界経済といえば…

経済
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「世界経済」について語っているブログ
18年春闘、連合はベア2%要求へ2017年10月20日(金) 14:32
(日本の労働組合は立派ですね)
世界中、いろいろ問題や紛争はありますが、世界経済はリーマンショックによる金融の混乱から立ち直り、アメリカ、EUの中央銀行の政策にも見られますように、世界経済は成長を取り戻し、日本経済も為替レートの正常化と企業の自助努力の結果、安定成長路線への復帰が見通されています。
連合の要求に対し、経営側が如何なる対応をするかは年末にならないと解らないのが例年です。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/tnlabo/e/18d7a08c7ccab1082bbc...このブログを読む
これから「世界経済」がどうなって行くのか予測は難しいが、「政治問題」を含め
結局、アメリカ人女性のエコノミストが言っていたように、「個別企業で力のあるところ」が、グローバル化した、世界経済を制覇していく
事になって行きそうである。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/shidah/e/384f58b56ed4b6d948b0...このブログを読む
*株(225)の今日の終値は2万0881円で20年10ヶ月振りの高値だそうだ。
世界経済が堅調に推移しているので、輸出関連企業を中心に日本企業の業績も回復しているとか。
アメリカも昨日最高値を更新したとかで、日本もつられているようだ。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/dokkenbar/e/a84a16aea293981e8...このブログを読む
ロシアにも存在する様々な男女格差について
男女の給与格差、政治・経済・社会方面の活動で女性が受けている根強い制約についての認識と議論において、日本が世界に大きく後れを取っていることは、2016年10月31日に更新された世界経済フォーラムの<世界の男女格差指数ランキング>111位というデータからもわかりますが、ソ連時代には男女平等が謳われていたロシアもなんと75位でした。
給与の面でも、男女のクオータ制導入の面でも、現代ロシアには明確な格差が存在しているようです。
blog.so-net.ne.jp http://rreirussia.blog.so-net.ne.jp/2017-10-20このブログを読む
したがって、その経済基盤が変化すれば、経済理論も変化するものであって、永久不変の原理ではない。
◎第二は、経済の純理論の少なからぬものは、世界経済が一体的に運営されていることを大前提にしている。
しかし、実際は各国は国民経済的運営をしている。
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/kohnoken/20171020/p1このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
経済

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「世界経済」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「世界経済」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.