ブログから、話題を知る、きざしを見つける

124日(月)に語られたエルサレムといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「エルサレム」について語っているブログ
イザヤ書 4章26節2017年12月4日(月) 17:09
神が産み育てたイスラエルが滅びないようにと執り成し祈って下さるのはイスラエルの神です。
そのイスラエル、ユダとエルサレムは神の恵みを受けながら、その高慢と不従順のために厳しい裁きを受けることになりました。」と北村牧師は書き出される。
しかし、2節では「その日には、イスラエルの生き残った者にとって主の若枝は麗しさとなり、栄光となる。
blog.so-net.ne.jp yomotyann08.blog.so-net.ne.jp/2017-12-04このブログを読む
想い出の一枚
イスラエル・エルサレムの`移動お店屋さん`です 車で運んできてサンドイッチを作り売るようです
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/suimeidai1350/e/322601e952dff...このブログを読む
(イザヤ1:2-3)
預言者イザヤが、ユダとエルサレムについて見た幻が預言されます。
神の言葉が響きます。
at.webry.info wakachiai.at.webry.info/201712/article_2.htm...このブログを読む
けれども彼は我が奮闘のもたらした結果-聖像破壊論に対する聖会の完全な勝利を見るに先立ちこの世を去らねばならなかった。
即ち西暦749年エルサレムの修院の一室で安らかに瞑目し、その完徳と護教の偉大な功績に対する豊かな報酬を受けるべく天国に赴いたのである。
彼逝きて四十年、787年二ケアに第七回目の公会議が招集せられ、彼の主張の如く聖像破壊論の異端なる事が議定されて、ダマスコの聖ヨハネの偉功は更に燦然たる光輝を放つに至った。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/catholic_info/e/b6d16579ad0eb...このブログを読む
「ハンナ・アーレント」2017年12月4日(月) 05:58
(1)ユダヤ人大量殺戮の責任者であったがアイヒマンは、1960年、逃亡先のアルゼンチンでイスラエルの諜報機関により捕まり、イスラエルへ移送され、裁判にかけられた。
(2)アーレントは、この裁判を傍聴し、アメリカの雑誌に「エルサレムのアイヒマン」という記事を連載した。
しかし、この連載記事は、ユダヤ人の人々から激しい非難を浴び、アーレントは多くのユダヤ人の友人を失った。
blog.so-net.ne.jp hippo-yoshi.blog.so-net.ne.jp/2017-11-23このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「エルサレム」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「エルサレム」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.