ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1212日(水)に語られたウラニウム・ワンといえば…

強く関連する言葉がありません

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ウラニウム・ワン」について語っているブログ
米国>内紛◎ アメリカ支配層の内紛(その5:米支配層が食い物にしてきたハイチ) | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ
米国>内紛◎ アメリカ支配層の内紛(その6:ウラニウム・ワン) | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ
米国>内紛◎ アメリカ支配層の内紛(その7:私的な情報機関) | 《櫻井ジャーナル》 - 楽天ブログ
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yonsam2/e/38590d3a1848e040510...このブログを読む
アメリカ国内のウラン鉱脈の5分の1を保有する「ウラニウム・ワン」という企業を、ロシア政府の原子力機関「ロサトム」が買収。
買収には米国政府の許可が必要なのですが、ヒラリーちゃんはこの買収を積極的に推進し、売却を承認させ、「ウラニウム・ワン」はロシア政府の傘下企業となりました。
さすがに共和党保守派は当時、「この売却が米国の国家安全保障を大きく毀損する」と、オバマ政権を批判しましたが、時すでに遅し、企業買収は完了していました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/google_goo_goo_1958/e/7b37b2b...このブログを読む
そこで財団に疑惑の目が向けられたわけだ。
クリントン夫妻には、ウラニウムと金を採掘しているカナダの会社、ウラニウム・ワンの買収に関わる疑惑も存在する。
会計の透明性と外国政府の賄賂に関する法律であるFCPA(外国不正行為法)の違反が指摘されている。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/iloverosia/e/3a70b57221dabde1...このブログを読む
売却は2013年に実施された。
これにより米国のウラン備蓄の20%をロスアトムが支配することになったが、こうした決定が下される前にウラニウム・ワンはクリントン財団に大口献金を行っていた。
このウラン取引についてトランプ氏は昨年数回問題視していた。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/y-hne/e/22a98fc26b384213efbb1...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ウラニウム・ワン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ウラニウム・ワン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.