ブログから、話題を知る、きざしを見つける

119日(金)に語られたイスラエルといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「イスラエル」について語っているブログ
申命記28:1-13には、更に詳しい祝福の内容が記されています。
イスラエルの民は、アダム→ノア→セム→アブラハム→イサク→ヤコブ(イスラエル)→イスラエルの子孫というようにアダムに属する地の民です。
それで地上的祝福が与えられました。
cocolog-nifty.com thomasluke.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/po...このブログを読む
歴史的に見て、イギリスやアメリカの情報機関、つまりMI6やCIAが金融機関と関係が深いことは本ブログでの何度か書いた。
クリントンにはそうした勢力が付いていたのだが、トランプの背後ではイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の人脈(モサドも含む)が動き始めている。
そしてエリック・プリンス。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/iloverosia/e/0b85dbab2d37a6aa...このブログを読む
中東問題はそれこそ2000年の歴史があって、民族・宗教の争いは我々日本人には簡単には理解できない複雑で微妙な部分もあると思う。
ただ、ユダヤ人がヒットラーによって歴史上最大級の過酷な迫害を受けた悲劇は心から残念に思うが、でもだからといって、20世紀、21世紀の現代においてイスラエルが他民族を抑圧しても良い理由にはならない。
ホロコーストを受けた事を免罪符として、パレスティナを侵略して良いことにはならない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/dokkenbar/e/8d17e031b71febef1...このブログを読む
Let us ask Lord for peace (in Jerusalem) との発言があった。
Jerusalem とは、イスラエルにあるエルサレム(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地、この土地をめぐって紛争が絶えない)であり、ここにアメリカの大使館を移すとトランプ大統領は言って、非常な物議を醸している。
Pope としては、また紛争が再燃しては困るので、エルサレムに平和をもたらして下さいと、祈ろうと呼び掛けているわけだ。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/johnkimura11/e/72990907625406...このブログを読む
もっとも、これは日本だけのことではなく、トランプ大統領の奇矯な言動による「(第三次世界大戦のような)とんでもない災厄」への恐怖が蔓延しましたが、米国と中国・ロシアとの関係はそれでもそれなりに安定しており、(今のところ)北朝鮮とのあいだで戦争が起きる気配はありません。
一方、米国がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことはイスラム圏で強い抗議運動を引き起こしましたが、それがすぐに内戦や動乱につながるわけでもなさそうで、イギリスのEU離脱交渉においても、心配された株価や通貨の暴落が起こるわけでもないということです。
39歳の若さでフランス大統領に当選したマクロンは、当初の勢いはなくなったものの「ネオリベ的改革」を着々と進めており、盤石とされていたドイツのメルケル政権は総選挙での辛勝で安定多数を維持できなくなったものの、大連立でこちらもなんとかしのげる見通しとされています。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/mkitajima6071/e/1bdd9768f8797...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「イスラエル」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「イスラエル」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.