ブログから、話題を知る、きざしを見つける

122日(月)に語られたアメリカといえば…

経済悲しかった
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「アメリカ」について語っているブログ
鎌倉の親戚いお年始2018年1月22日(月) 06:39
叔父は、認知症になって、徘徊をして、寒い冬、近くの川でおぼれたようだ。
叔父は公衆衛生の大学の教授をしていて、30年まえ、アメリカの高齢者の対応で、
地域の医者や、看護婦ヤケアマネージャ^などの連携が大切だという方法を日本に紹
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yonohikari2009/e/09bb97d3af09...このブログを読む
だが真に高い評価を得るのは彼が亡くなってからである。
享楽的なジャズエイジという「アメリカの青春の時代」を生きた彼の作風は、その後のアメリカの流転を経て、再び注目されるようになった。
ある意味時代のあだ花であったフィッツジェラルドは、あたかも過ぎ去った時代に対する郷愁のように今では読む人を惹きつけている。
cocolog-nifty.com rakuhoku.way-nifty.com/outouki/2018/01/post-...このブログを読む
霊縁深き国2018年1月22日(月) 06:29
霊的につながっている国々なのだということなのでしょうか?
私自身の記憶野による偏りかとも思いますが、それほどロシアにしてもアメリカにしても知識量は変わらないような気がしますので、そうでもないようです。
日本という国の龍脈のようなものがつながっているのはこれらの国なのかもしれないと思っています。
teacup.com yellow.ap.teacup.com/rakuatu/3318.htmlこのブログを読む
いい日だった。2018年1月22日(月) 06:26
その分長生きして痴呆ゾンビがどれだけ増えるんだろうか?
アメリカで政府機関がストップだ。
米軍放送もストップと訊いたからFENを聞いてみた
teacup.com green.ap.teacup.com/gardenshin/2982.htmlこのブログを読む
修身の内容と同じように、『The Book of Virtues』には、自己規律や思いやり、責任、友情、勇気、忍耐、信仰などの10章で構成され、人格形成に役立つ内容が盛り込まれた。
つまり、修身は、アメリカの家庭教育として使われ、国家繁栄の礎となったのだ。
日本の製造業で起きた度重なる事件によって、企業の倫理観の喪失が問題視されているが、これは、社会全体にも当てはまる事例と見るべきであろう。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kk719/e/c7c13ded8d540d42e5a77...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
経済

政治

悲しかった

怖かった

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「アメリカ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「アメリカ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.