ブログから、話題を知る、きざしを見つける

427日(金)に語られたPAC3といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「PAC3」について語っているブログ
それで実際の日本に配備されたPAC3を考えてみても、防衛としては完璧どころか多くの不安が残るようです。
PAC3全国の配備状況2017!
守備範囲が狭くて役に立たない?
at.webry.info internetviking.at.webry.info/201804/article_...このブログを読む
誰の所為? 平和を壊す奴は誰?2018年2月21日(水) 23:51
アメリカ処かミサイルも核も日本列島が一番標的にし易い!
PAC3?
アメリカは実験で失敗して居る
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yamadanokakashi9/e/70be4f8515...このブログを読む
イージス護衛艦は、高度数十キロメートルから数百キロメートルでの迎撃が可能で、カバーする範囲も広く、日本海に2隻展開すれば、日本本土のほとんどが防護対象となる。
一方、第2層のPAC3がカバーする範囲は数十キロメートルであり、本土全体をカバーするためには膨大な数の部隊が必要になる。
現在、政府は、陸上型イージスシステムの導入を考えているようだが、これが実現すれば、海上イージスによる第1層、陸上イージスによる第2層によって、本土全体をカバーする他、例えば、政経中枢や原発などの重要防護対象には3層目の防衛を提供することになる。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/gyou/20180216/p1このブログを読む
それによりますと、訓練は今月16日と20日から23日にかけての合わせて5日間にわたって、国内にある自衛隊とアメリカ軍の複数の基地をコンピューター上でつないで行われます。
海上自衛隊とアメリカ海軍のイージス艦の乗組員や、航空自衛隊の地上配備型の迎撃ミサイル、PAC3の部隊などが参加し、弾道ミサイルが発射され向かってきたという想定で、探知して追尾し、迎撃するまでの手順を実弾を使わずにコンピューター上の模擬訓練で確認するということです。
今回の訓練は、日米の各部隊の情報共有が主な目的で、防衛省は日本が集団的自衛権を行使するような事態は含まれていないとしています。
at.webry.info unkizyouzyou.at.webry.info/201802/article_43...このブログを読む

北朝鮮がグアム周辺にミサイルを発射するのに備え、PAC3が島根、広島、愛媛、高知の4県に展開したが、最大射高が15キロだから、日本上空で高度約400キロに達する「火星12」に届かない。
「故障して日本に落下する場合に備える」と説明するが、故障して不規則な飛行をするミサイルの未来位置を計算するのは困難で、政府が「万全の態勢を整えている」と言うのは気休めか、ミサイル防衛の宣伝にすぎない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/3db82f5a3cfb67d8...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「PAC3」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「PAC3」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.