ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1119日(日)に語られたPAC3といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「PAC3」について語っているブログ
今日は「友愛政治塾」に出席2017年11月19日(日) 21:23

テーマは「日米関係の深層」で、最初に北朝鮮問題から話され、「弾道ミサイル迎撃のPAC3での防衛はあり得ない、なぜあり得ないか」を、秒速2Km〜3Kmで飛んでくるものを迎撃できない理由を、飛行軌道などを図解しながら詳しく説明されていた。
また、なぜ北朝鮮は核保有にこだわるのか。
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/naozi/20171119/1511094220このブログを読む
"Buy American." "Ame...2017年11月9日(木) 01:28
事実、トランプは日本の対北朝鮮への姿勢にかんして、恐るべき発言をしていた。
今年8、9月に北朝鮮が日本列島上空を通過する弾道ミサイルを発射した際、日本政府は「我が国に飛来する恐れがないと判断した」(小野寺防衛相)として、イージス艦や地対空誘導弾PAC3などで破壊措置を実施しなかった。
ところが、これについてトランプは、東南アジア諸国の複数の首脳に「迎撃するべきだった」「武士の国なのに理解できない」などと、不満げに語っていたというのである。
at.webry.info http://journalism-blog.at.webry.info/201711/article...このブログを読む
トランプ外交の本音2017年11月8日(水) 21:56
事実、トランプは日本の対北朝鮮への姿勢にかんして、恐るべき発言をしていた。
今年8、9月に北朝鮮が日本列島上空を通過する弾道ミサイルを発射した際、日本政府は「我が国に飛来する恐れがないと判断した」(小野寺防衛相)として、イージス艦や地対空誘導弾PAC3などで破壊措置を実施しなかった。
ところが、これについてトランプは、東南アジア諸国の複数の首脳に「迎撃するべきだった」「武士の国なのに理解できない」などと、不満げに語っていたというのである。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/tomiokamusasi/e/a7f53c74a1a42...このブログを読む

航空自衛隊は31日、89月に北朝鮮の弾道ミサイルが北海道・襟裳岬(えりも町)付近上空を相次いで通過したことを受け、岬に近い空自襟裳分屯基地(同町)で、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊の展開訓練を公開した。
空自北部航空方面隊司令部(青森県三沢市)によると、えりも町での展開訓練の公開は初めて。
blog.so-net.ne.jp http://kokoroyutakani.blog.so-net.ne.jp/2017-10-31-...このブログを読む
本日(10/30)のニュース2017年10月30日(月) 08:01
171030_朝_日経04
05. 空自、襟裳岬であすPAC3訓練 北朝鮮ミサイル8・9月通過 迎撃態勢素早く (日経有料)
171030_朝_日経05
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/heiteidousi/e/1cf33e4d4ee32f1...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「PAC3」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「PAC3」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.