ブログから、話題を知る、きざしを見つける

614日(木)に語られた解説といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「解説」について語っているブログ
◇eBookJapan→「無料で読む
※まるまる無料の読み方の詳しい解説(画像付き)はこちら
→無料電子書籍を読む方法
blog.so-net.ne.jp e-bookfree.blog.so-net.ne.jp/2018-06-14-1このブログを読む
◇eBookJapan→「無料で読む
※まるまる無料の読み方の詳しい解説(画像付き)はこちら
→無料電子書籍を読む方法
blog.so-net.ne.jp e-bookfree.blog.so-net.ne.jp/2018-06-14このブログを読む
『「死の棘」日記』島尾敏雄2018年6月14日(木) 06:55
島尾敏雄にとって、豊島与志雄は、仲間としての作家であったことが分かる。
なお、新潮文庫の『「死の棘」日記』の解説を書いているのは、加藤陽子。
歴史学者の目、史料批判の目で、『「死の棘」日記』をどう読むことになるのか。
asablo.jp yamamomo.asablo.jp/blog/2018/06/14/8893977このブログを読む
180613読んだ本2018年6月13日(水) 22:26
コレを読むと、『大菩薩峠』を読んでみたくなるよね(〃'∇'〃) でもね、小林信彦『本は寝ころんで』
(文春文庫,1997)巻末の北上次郎「解説」には、次のような指摘もなされているからね(⌒⌒)ニヤニヤ
[『小説世界のロビンソン』で面白そうに紹介されてた翻訳本を買い求めて読み始めたら
blog.so-net.ne.jp yomubeshi-yomubeshi.blog.so-net.ne.jp/2018-0...このブログを読む
◇eBookJapan→「無料で読む
※まるまる無料の読み方の詳しい解説(画像付き)はこちら
→無料電子書籍を読む方法
blog.so-net.ne.jp e-bookfree.blog.so-net.ne.jp/2018-06-13-1このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「解説」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「解説」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.