ブログから、話題を知る、きざしを見つける

522日(月)に語られた穀雨といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「穀雨」について語っているブログ
二十四節気とは、地球から見た太陽の位置が赤経1hから24hに丁度当て嵌まります。
春分点は0hで東へ15°向かって1hが清明、2h=30°は穀雨、3h=45°は立夏、そして4h=60°が今回の小満です。
hを単位として表すのはhourの略で天体は見かけ上、1日で一周24hすることに因ります。
cocolog-nifty.com http://hatomusic.air-nifty.com/blog/2017/05/post-82...このブログを読む
我が家に田島ケ原のサクラソウがやってきました
今日でようやく遅れていた二十四節気のサクラソウ自生地の4月20日の穀雨「今年はサクラソウの見られるさくら草まつりでした」をアップできた。
27レポートも4月分がまだと思ったら4月は作成済みでなんと3月分が未作成だった。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/bioarakawasaitama/e/7ab604e10...このブログを読む
立夏2017年5月5日(金) 05:00

天球の北半球にある太陽は、先の4月20日の穀雨の際の赤緯(赤道座標での緯度) +11度 28分 12秒の位置よりさらに北に向かい、この5月5日の立夏の時には赤緯が+16度 19分 59秒の値をとります。
さて、二十四節気、次の節目は5月21日の小満(太陽の黄経60度)。
blog.so-net.ne.jp http://kozuchi.blog.so-net.ne.jp/2017-05-03このブログを読む
緑風薫風の時節2017年5月3日(水) 15:08
八十八夜は、"夏も近づく・・・"立春から88日目の日ということで、茶摘みがイメージされるが、農耕民族日本においては、農業の夏支度に入る時節だと言われるが、同じような二十四節気穀雨とはどのように違うのだろうか。
八十八夜が、田植えや種まきなどの夏に向けての農作業をする時期なのに対し、穀雨は雪、霜や乾燥が終わり、雨に恵まれる時節になるから、春の農作業を支度せよということなのか。
穀雨が何となく、太陽暦や天文学からに太陽が黄経30°(地球360°÷24hs=15°×2=30°)に位置するのが4月20日ごろということなのに対し、八十八夜は、ずばり立春から88日目だという。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/k514/e/c3a90f565e69e863e226b4...このブログを読む
穀雨2017年5月1日(月) 18:24
穀雨
二十四節気では穀雨と呼ばれる季節となりました。
新緑のこの時期に降る雨は、穀物を元気に育くむ大事な恵みなのです。
cocolog-nifty.com http://spyugi.cocolog-nifty.com/nagaikepark/2017/05...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「穀雨」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「穀雨」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.