ブログから、話題を知る、きざしを見つける

718日(水)に語られた決壊といえば…

災害
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「決壊」について語っているブログ
これからは暑くなるし被災者の方々も大変でしょうが頑張っていただきたいと切に思います。
今回の西日本豪雨で甚大な被害が出たのは、土砂崩れや家屋の浸水及び決壊により大規模に冠水し、未曾有の大災害になったようです。
大変遅くなりましたが、この度の西日本豪雨の影響により被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/gominaraJP/20180718/153188889...このブログを読む
ところが、西日本は、それからが連日大雨になったのだから、天の采配というか、自然の気まぐれと表現した方が良いのかは別にして、皮肉な巡り合わせである。
その上、西日本に降った雨が半端な量ではなく、数日で年間の総雨量の半分ともなると、の水が急激に増えて、堤防を乗り越え、また決壊させて住宅地に押し寄せ、真備町の場合はあっという間に数mも浸水するのも当然かも知れない。
しかし、これは誰もが想像もできなかったに違いない。
cocolog-nifty.com azemichi-nikki.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
西日本の豪雨は、津波並みの恐ろしさと悲惨さをもたらした。
決壊ともなると、人災の側面も出てきそうだが、それは今後の検証に委ねられるだろうか。
どちらにしても、当事者の方々の途方と無念は尋常でないことは確かだ。
at.webry.info hiraku-nouen.at.webry.info/201807/article_3....このブログを読む
岡山県倉敷市真備まび町で被害が拡大した背景について、専門家は高梁たかはしの増水で支流の水が流れにくくなる「バックウォーター現象」が、堤防の決壊を誘発したと指摘する。
国土交通省によると、高梁の支流・小田などで少なくとも計3か所の堤防決壊が発生し、広範囲にわたる浸水の原因となった。
現地調査した岡山大の前野詩朗教授(河工学)によると、高梁と小田の合流点の下流は、幅が狭く湾曲し、水が流れにくい「ボトルネック」になっている。
cocolog-nifty.com mugentoyugen.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/...このブログを読む
仕事と作業の日2018年7月13日(金) 00:27
本を読んでテレビを見て、寝る。
雨が止んでから、があふれたりダムが決壊するケースもあるそう。
呆然とするが、どうかまずは人の命がすこしでも助かるよう。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/sekaihige/20180709このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
災害

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「決壊」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「決壊」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.