ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1012日(金)に語られた歴史といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「歴史」について語っているブログ
友人の死2018年10月12日(金) 22:20
首里城正殿は1992年11月に復元され、中国や日本、東南アジアなどとの交易から様々な文物がもたらされ、漆器、染色物、陶器、音楽など、琉球独特の文化が花開いたと言われています。
ともかく、首里城は王国の歴史、文化の息吹を伝える殿堂であり、沖縄のシンボルそのものと言えそうです。
実は、この旅行にもう一人の友人も参加することになっていましたが、9月に入り、友人の奥様が入院することになり、友人は沖縄旅行を断念し、看病に専念することになりました。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/gornergrat/20181012/153935004...このブログを読む
民族的自覚があるのだ。
私はアジアにおける戦後の米国と沖縄・日本についての歴史を話し、今日の朝鮮半島が平和的に分断を超える脱戦時の道を沖縄からも支持したいと伝えた。
:課題
cocolog-nifty.com ponet-yamahide.cocolog-nifty.com/blog/2018/1...このブログを読む
『半島論』刊行イベント2018年10月12日(金) 13:37
北は北海道・宗谷岬から、南は沖縄・勝連半島にいたるまで、半島や岬という地勢を起点にした文化批評のなかに、大陸的な思考に対する叛乱の声がこだまする!
本書『半島論 文学とアートによる叛乱の地勢学』は、文学、アート、映像、思想、歴史、文化人類学などのジャンルにまたがる14人の気鋭の論者による文章を集めています。
浅野麗、雨宮庸介、遠藤水城、金子遊、岸田将幸、栗原康、佐々木友輔、中里勇太、中村剛彦、藤田直哉、古谷利裕、細谷修平、前嵩西一馬、森元斎が書き下ろした、半島についての論考を収録しています。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/johnfante/20181012このブログを読む
きんもくせいの季節2018年10月12日(金) 08:45
又、2015年5月20日、日本外国特派員協会での翁長元沖縄知事の記者会見の書き起こし文を読みました。
沖縄の簡単な歴史約500年にわたる琉球王朝の全盛時代があった、この時代は大交易時代で「万国津梁の精神」でアジアの架け橋に。
1854年には独立国として米合衆国と琉米修好条約を結んでいた。
cocolog-nifty.com yoshse.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-7...このブログを読む
特別活動論2018後期・授業通信12018年10月11日(木) 19:07
最初は、村末先生のカンボジアでの教育支援の写真を見ながら、日本の教育とも照らし合わせて様々な課題を知った。
例えばカンボジアでは、教師に対して憧れをもつどころか、恐怖の気持ちさえも抱かせるほどの歴史的背景があること。
日本(特に沖縄)では、性に関する教育について、20歳前に子どもができてしまうなど、中高生の性に関する問題とどう向き合っていくかという課題があること。
cocolog-nifty.com tenmadetodoke.tea-nifty.com/blog/2018/10/pos...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「歴史」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「歴史」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.