ブログから、話題を知る、きざしを見つける

114日(月)に語られた構成といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「構成」について語っているブログ
その代表となる曲が映画のタイトルになった「ボヘミアン・ラプソディ」です。
先に説明しましたように、「ボヘミアン」とは何ものにも束縛されないことを表し、「ラプソディ」(狂詩曲)は音楽様式に囚(とら)われず自由に構成された曲なのです。
つまり、フレディ・マーキュリー自身の感性に基づく叫びといえるでしょう。
cocolog-nifty.com onsen-man.cocolog-nifty.com/ryokou/2019/01/p...このブログを読む
《アシャー家の崩壊》2019年1月13日(日) 19:53
この二人の会話は、メロディのついた部分と作曲されていないため音楽のない部分がある。
プログラムの構成も含め、ドビュッシーの既知(聴衆の多くにとって)の部分をなぞるのではなく、埋もれていた部分を積極的に見せていこうという試みで、知的にエクサイティングであり、かつ音楽的に充実していた。
大ホールが悪いわけではないが、小ホールならではの魅力、音の経験があることを強く感じた夕べだった。
cocolog-nifty.com senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2019/01/p...このブログを読む
自分の生い立ち・容姿・学歴によるコンプレックスが背景となり、「ボヘミアン・ラプソディ」の屈折した詞を綴(つづ)ったと考えられます。
即興的な楽想の自由形式(注釈:この曲ではアカペラ/バラード/オペラ/ハードロックで構成)である狂詩曲(ラプソディ)形式を採用した楽曲の作曲も自ら手掛けています。
ちなみに、クラシック音楽の分野ではリスト/ブラームス/ドボルジャーク/ドビュッシー/ラフマニノフ/ラベル/バルトークなどがこの形式の曲(狂詩曲)を作曲しています。
cocolog-nifty.com onsen-man.cocolog-nifty.com/ryokou/2019/01/p...このブログを読む
[映画]2019年1月12日(土) 20:43
監督はタランティーノで、サミュエル・L・ジャクソンとかティム・ロスとかゆかりのある俳優陣が癖のあるキャラを演じる。
音楽はエンリオ・モリコーネが担当しており、タイトルのフォントとか章ごとのタイトル構成だったり、ファッションとか「往年の映画」っぽい作りが良い。
けど、タランティーノらしくスプラッタなグロ描写あり。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/timit/20190112/1547293438このブログを読む
後半は,お待ちかねのシュトラウス・ファミリーの音楽でした。
こちらも昨年と同様で最初に「ジプシー男爵」序曲,最後に「皇帝円舞曲」と規模の大きめの曲を配し,その間にポルカ,ギャロップ,軽めのワルツなどが並ぶという構成でした。
前半同様,シュトイデさんの作る音楽には,「無理矢理」感がなく,どの曲も大変気持ちよく,流れの良い音楽を楽しむことができました。
cocolog-nifty.com oekfan.air-nifty.com/news/2019/01/2019oekoek...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「構成」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「構成」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.