ブログから、話題を知る、きざしを見つける

114日(月)に語られた構成といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「構成」について語っているブログ
自己パロディをやっているかのように、ルーベンスの画面のつくりが分かるものとなっていると思います。
端的に言うと、構成はいたってシンプルで、見る者は視線をそのシンプルさに導かれるので、難しい感じはしません。
その上で、画面の空間を埋め尽くすように事物を描き込んでいく。
cocolog-nifty.com czt13771.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post...このブログを読む
今では岸田森さん演じる牧さんがカッコ良くて的矢所長が渋くてもう辛抱タマランとですよ。
後は当時の世相を感じさせる画面構成ですな。
ウルトラQからセブンまででは見なかった(見せなかった?)、当時の日本の街のリアルな様子が遠慮なく露出しているのです。
cocolog-nifty.com bakenokawa.tea-nifty.com/mfd/2019/01/post-50...このブログを読む
この構図や画面構成は、彼の師匠にあたるオットー・ファン・フェーンの「聖アンデレの殉教」とそっくりで、そのオマージュでもあるという説明です。
しかし、両者の構成は共通していても受ける印象は正反対です。
フェーンがスタティックな画面を緻密に仕上げて、落ち着いた優美な印象を与えるのに対して、ルーベンスの作品は人物は劇的で感情的なポーズで、しかも少し粗めの筆触が絵筆の動きを残していて、それ自体が生命を持っているかのように、人々に躍動感を与えています。
cocolog-nifty.com czt13771.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post...このブログを読む
そこでカラヴァジョ以来の光の強調もされているのです。
それは、ルーベンスという人が画面全体の空間構成に独特な才能を発揮したからではないかと思います。
それが「法悦のマグダラのマリア」の画面上半分の空間ではないかと思います。
cocolog-nifty.com czt13771.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post...このブログを読む
それが神話的な空間を作っていると思います。
それが、おなじような画面構成、構図で19世紀のギュスターヴ・モローに通じるような幻想的な雰囲気も作り出していると思います。
個人的な妄想かもしれませんが、ルーベンスの描く聖セバスティアヌスのポーズ、例えば頭のかしげ方などはとくに、モローの絵画のポーズの癖に通じているような気がします。
cocolog-nifty.com czt13771.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「構成」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「構成」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.