ブログから、話題を知る、きざしを見つける

114日(月)に語られた構成といえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「構成」について語っているブログ
J-CULTURE FEST にっぽん・...2019年1月14日(月) 20:30
もう(映像も含めて)何回観たか分からないですが、演者を替えて観る度にそんなド鉄板のの面白さが更新されていくのは楽しいものです。
敢えて企画の萬斎氏はに参加せず、若手中心で年始の寿ぎを盛り上げる構成は非常に清々しかったです。
cocolog-nifty.com gujinnohitorigoto.cocolog-nifty.com/wakadann...このブログを読む
その代表となるが映画のタイトルになった「ボヘミアン・ラプソディ」です。
先に説明しましたように、「ボヘミアン」とは何ものにも束縛されないことを表し、「ラプソディ」(狂詩)は音楽様式に囚(とら)われず自由に構成されたなのです。
つまり、フレディ・マーキュリー自身の感性に基づく叫びといえるでしょう。
cocolog-nifty.com onsen-man.cocolog-nifty.com/ryokou/2019/01/p...このブログを読む
自分の生い立ち・容姿・学歴によるコンプレックスが背景となり、「ボヘミアン・ラプソディ」の屈折した詞を綴(つづ)ったと考えられます。
即興的な楽想の自由形式(注釈:このではアカペラ/バラード/オペラ/ハードロックで構成)である狂詩(ラプソディ)形式を採用した楽の作も自ら手掛けています。
ちなみに、クラシック音楽の分野ではリスト/ブラームス/ドボルジャーク/ドビュッシー/ラフマニノフ/ラベル/バルトークなどがこの形式の(狂詩)を作しています。
cocolog-nifty.com onsen-man.cocolog-nifty.com/ryokou/2019/01/p...このブログを読む
これまでのLOWが持っていた儚げな美しさと新機軸のドローンやグリッチノイズが混じり合って深夜に爆音で聴いてるとうっかり召されそうになる名です。
最後にこのキラーチューンを持ってくる構成も完璧。
リスナーや各メディアからの反応も頗る良いようで、派手なところでは、WARP RECORDSの「2018年の50」みたいなセレクションにロックバンドとして選ばれたのは、彼らの上記の「Disarray」とNine Inch Nailsの「God Break Down The Door」の2だけだったりしました。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/makeinu_wonder/20190113/15473...このブログを読む
細坪基佳Nature of the ye...2019年1月13日(日) 01:34
新春恒例の細坪さんのNature of the yearに参加しました。
今回は、作りを依頼したアーティストとの共演、ふきのとう時代のはほとんど歌わずに新中心の構成
白い冬を歌わないのは珍しいかも。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/jaerigojp/20190112このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「構成」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「構成」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.