ブログから、話題を知る、きざしを見つける

211日(月)に語られた小説といえば…

サッカー
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「小説」について語っているブログ
その結果人に厳しい信長の部下たちは早めに手を打ってあるものは謀反を起こしていく。
このあたりの読みや行動は企業小説のようでもある。
物語として読んで面白い激動の時代は、そこに生きた人は苦しかっただろう。
cocolog-nifty.com shinkokyu38.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/p...このブログを読む
以前掲載した「ラクガキ・亡国の王女」の頭の中の物語のワンシーンです。
(まだ設定だけで、ちゃんとした小説は書いていないので…。)
子ども時代はドレスのままで木登りするようなオテンバ娘だったという設定です。
cocolog-nifty.com fantasy-settei.cocolog-nifty.com/illust/2019...このブログを読む
七人、皆が皆、同じところで話をしている。
しかし、原作小説を読む限り、各章の表題は、1) 検非違使に問われたる木樵りの物語
2) 検非違使に問われたる旅法師の物語
cocolog-nifty.com eiji-takagi.cocolog-nifty.com/notebook/2019/...このブログを読む
「宮廷神官物語 慧眼(けいがん)は主(あるじ)を試す」を角川文庫化したものの五冊目。
いわゆるファンタジー小説である。
たまたま本屋で見つけ、第1巻を読み、その独自な作風、登場人物たちに出会い、ファンになった。
cocolog-nifty.com yokukitamon.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/p...このブログを読む
海外で高い評価を得ているこの作品が、小さなKARAS APPARATUSでアップデイト・ダンスとして誕生して、再びここに帰ってくることが感慨深く感じられます。
ドストエフスキーの小説の世界を一時間に濃縮し、ムイシュキン公爵とナスターシャの物語を美しく幻想的に、ムーヴメントで表現した 「白痴」は、抽象的な身体表現の可能性を極限まで追求した芸術作品です。
ショスタコーヴィチのワルツに乗って踊られる勅使川原さんと佐東さんのデュエットはくらくらするような気品に満ち、屈指の名場面ともいえることでしょう。
cocolog-nifty.com dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2019/02/n...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
サッカー

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「小説」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「小説」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.