ブログから、話題を知る、きざしを見つける

220日(水)に語られた小説といえば…

サッカー
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「小説」について語っているブログ
サリンジャーを読んでいない人が観ても、感じるものが多いのでは。
サリンジャーの人生と小説のセリフや主人公の内面の呟きが、見事にシンクロして不思議な世界観を生み出している。
作家として「物語」を紡ぎだす苦しみも上手く描いているし。
cocolog-nifty.com my-little-town.cocolog-nifty.com/blog/2019/0...このブログを読む
奇跡の出会い2019年2月19日(火) 20:44
そこから始まる恋の物語というのも定番だ。
そんな偶然は、テレビや小説の中だけのことだと思っていたが、そんなことはなかった。
会うはずのない場所で、会うはずのない人と再会したのだ。
cocolog-nifty.com ochamu.tea-nifty.com/yametedousuru/2019/02/p...このブログを読む
《紫苑物語》その42019年2月19日(火) 15:31
佐々木氏の台本は、そういう意味で言葉の表情の振り幅、色数が多く、作曲家にとって大いにプラスに作用していると想像される。
監修者であり、原作を選んだ仕掛け人である長木氏は、「小説の論理からオペラの論理へ」という一文を寄せ、彼の日本語オペラに寄せる思いが語られている。
その際の論点は3つで、1.ことばと音楽の関係、2.レシ(物語)のあり方と音楽の関係、3.オペラの論理への転換の仕方、である。
cocolog-nifty.com senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2019/02/p...このブログを読む
《紫苑物語》その32019年2月19日(火) 11:39
ドラマトゥルギーの上でも、エロスや暴力(矢で動物のみならず、人を殺める)は、そこが終着なのではなく、第2幕で崖に仏の像を彫る平太との対峙へと繋がっていくのだ。
《紫苑物語》は、座談会で佐々木氏が示唆しているように(彼は宗頼は私だ、という極論を開陳している)、芸術家小説なのだ。
宗頼は元々は勅撰和歌集の選者を父にもち、歌の道に励むはずだったのだが、そこから逸脱し、弓道しかも妖しげな弓の名人である叔父に教えを受ける。
cocolog-nifty.com senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2019/02/p...このブログを読む
《紫苑物語》その22019年2月19日(火) 09:16
しかもこの小説には案外、会話、対話の部分は少ないのだ。
だから小説では、狩の場面から始まるものを、婚礼の祝宴の場面から始まるよう変更したのは、見事な転換だと言えよう。
まず、祝祭的で華やかで、その点では《椿姫》の冒頭を思い起こさせなくもないのだが、《紫苑物語》の方がまがまがしく、妖しい雰囲気を醸し出しているのだ。
cocolog-nifty.com senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2019/02/p...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
サッカー

TV

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「小説」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「小説」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.