ブログから、話題を知る、きざしを見つける

97日(金)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
ホイップクリーム、チョコレート、ボンボン、コーヒー、ギャルソンが登場し、それぞれキャラクターを生かした踊りを見せる。
リヒャルト・シュトラウスのめくるめくニュアンスが身体化された高度に楽的な振付。
のすみずみまでが形となって現れる。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/takuma25/20180907/1536296797このブログを読む
漂い沈み、また浮かぶ2018年9月4日(火) 10:56
病を抱え凌ぎの毎日の中で時に映像やに集中する。
昨夜は映像、今朝はモダンジャズ、リヒャルト・シュトラウスのオペラの古い録に集中した。
しかし、それは古く、新しい。
cocolog-nifty.com hadbap.tea-nifty.com/sonzai/2018/09/post-f23...このブログを読む
若い頃は、楽は「そのもの」が大事だと思っていて、作曲家の人生や創作の背景は「参考情報」に過ぎないと思っていましたが、長年楽をやっていると、「背景」も大事だと考えるようになってきました。
リヒャルト・シュトラウスは第二次大戦後まで生きていた人でもありますし、その生い立ちや人生は、とても参考になるものでした。
▼読み終わった本
blog.so-net.ne.jp lionbass3.blog.so-net.ne.jp/2018-06-06このブログを読む
聞きに行こうと思ったのは,リヒャルト・シュトラウスのヴァイオリン・ソナタとブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番という大曲2曲が演奏されることです。
特にリヒャルト・シュトラウスの方は,近年,人気が出ている曲ですが,金沢で演奏される機会は非常に少ないと思います。
植村太郎さんについては,実は今回初めてお名前を知ったのですが,そのしっかりとした余裕と安定感のあるヴァイオリンのがまず素晴らしく,両曲とも,満開の桜の気分にぴったりの,聴き応え十分の演奏を聴かせてくれました。
cocolog-nifty.com oekfan.air-nifty.com/news/2018/04/r-cd9d.htm...このブログを読む
最後の曲は、リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」である。
リヒャルト・シュトラウスが1895年に作曲した曲である。
14世紀の北ドイツの伝説の奇人の物語を題材とした作品であり、副題に「ロンド形式による昔の無頼の物語」とあるように、いたるところで愉快ないたずらをして死んでいったティル・オイレンシュピーゲルの一生をで表現した曲。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/classic_2007/e/fc06cb62fe305d...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.