ブログから、話題を知る、きざしを見つける

116日(月)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
これは名演である。
バーンスタインの新録のようにかなり恣意的な操作が加えられており、大きな起伏があるものの、に重量感があり、非常に安定しており、また(リヒャルト・シュトラウスのように)じつに豊穣にひびく。
解釈は奇をてらう
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/fce93eecfb961c35146c2...このブログを読む
ザッツ管弦楽団コンサートへ2017年10月31日(火) 09:41
指揮は今年も「田部井剛さん」、曲はブラームスの「交響曲第3番ヘ長調」で始まる。
2曲目がリヒャルト・シュトラウスの「英雄の生涯」で難しそうな曲でした。
大人数だし、コンミスにソリストとしての難しそうなフレーズあり、不規則の管楽器あり、そして楽章の切れ目がなく40数分連続演奏など、簡単には手がかけられなそうに感じた。
at.webry.info yu-hobito.at.webry.info/201710/article_11.ht...このブログを読む
青木尚佳 @白寿 (2017/10/4)2017年10月5日(木) 12:45
クライスラー三部作も、もう少し、ウィーン風な色気を感じたい。
リヒャルト・シュトラウスのソナタは、演奏者には、とても人気があり、採り上げられることが多いが、聴き手としては、あまり魅力がないので、最近は、プログラムで見掛けると、敬遠気味になっていた。
この演奏でも、これだけ響の良いホールなのに、が舞台の上で鳴っている感じで、客席に向かってが飛んで来ない。
cocolog-nifty.com roomflat.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/2017...このブログを読む
スラスラ進みすぎてしまうように感じられた場面もあり。
リヒャルト・シュトラウスの交響詩「死と変容」。
京響は弦も管も輝かしいを出し、ボリュームも十分で好演となる。
cocolog-nifty.com rakuhoku.way-nifty.com/outouki/2017/09/317-6...このブログを読む
ピアノの井出さんは、演奏する姿勢が個性的で、語りかけるような演奏でした。
の響きも大切にしているようで、リヒャルト・シュトラウス楽の美しさがよく伝わってきました。
歌の後は、出演者へのインタビューもあって
cocolog-nifty.com yokoyokoblog.cocolog-nifty.com/chankodiary/2...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.