ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1228日(木)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
おもしろいのは、同時期に、自らの充実した家庭を題材とした家庭交響曲も書いていたこと...
一方では幸せなリヒャルト・シュトラウス家を交響曲にしながら、もう一方では破綻したヘロデ王家をオペラにするという、リヒャルト・シュトラウスの音楽に対する醒めた態度が、凄い。
そうして、ドレスデンで初演(1905)を迎えた『サロメ』は、じわじわと人々を熱狂させ、『サロメ』を見るための特別列車が走るほどの一大ブームに!
blog.so-net.ne.jp genepro6109.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28このブログを読む
「Maple Concert2017」(...2017年11月26日(日) 05:05
もう40年以上前だけど・・・
休憩を挟んで、第二部はリヒャルト・シュトラウス家庭交響曲』。
あれ。
cocolog-nifty.com my-little-town.cocolog-nifty.com/blog/2017/1...このブログを読む
コンサート2017年11月12日(日) 07:45
モーツァルトは魅力的で、あっという間の30分でした。
リヒャルト・シュトラウス家庭交響曲には、サックスが入っていますが、他の楽器とうまく馴染んでいて良かったです。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yagisannyuubinn/e/de50dbca90b...このブログを読む
家庭交響曲の作曲から20余年経て作曲されたもので、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲やプロコフィエフのピアノ協奏曲第4番と同じく第一次大戦で右手を失ったウィドゲンシュタインの委嘱によるものです。
単一の楽章で作曲されていて、腸チフスで重体となったリヒャルト・シュトラウスの息子フランツをめぐる体験がテーマになっており家庭交響曲のこどもの主題が引用されています。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2017/1...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.