ブログから、話題を知る、きざしを見つける

423日(月)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
そのうえ、この本には、付録があって上記17人以外の作曲家と作品と録音が紹介されている。
ほとんどが存命中の「現代音楽」作曲家(リヒャルト・シュトラウス、イベール、ミヨー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、シェーンベルクなど)。
戦前の音楽愛好家は古典偏重、ドイツ音楽偏重であったわけではなく、幅広く聞いていて、しかも「現代音楽」にも寛容であったことの証左(実際、戦前の邦人作曲家はこのような存命中の「現代音楽」作曲家の作品を勉強し、スタイルを咀嚼した作品をたくさん書いていた)。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/odd_hatch/20180423/1524441143このブログを読む
赤羽ライブ2018年4月20日(金) 08:54
澤田さんは、献呈。
リヒャルト・シュトラウス作曲のこの歌は、よく歌われており、クラシックの世界では有名です。
私もこれまで色んな方の伴奏で弾きました!
blog.so-net.ne.jp aya-nagumo-piano.blog.so-net.ne.jp/2018-04-2...このブログを読む
クラシック倶楽部2018年4月17日(火) 05:18
マッケイ:作詞
リヒャルト・シュトラウス:作曲
(ソプラノ)クリスティアーネ・カルク、(ピアノ)マルコム・マルティノー
at.webry.info amashow-web.at.webry.info/201804/article_17....このブログを読む
初演者ベームによる名盤もあるが、ハイティンクの「ダフネ」は、それと比べても劣らない名盤だと思う。
まず、ハイティンクの統率は重厚感がありながら美しく官能的な音楽を形成しており、特に終幕近くのダフネが月桂樹に変わる場面は、リヒャルト・シュトラウス作曲した音楽の中でもとくに美しいと感じさせると思う。
そして、キャストが揃っている事、特にタイトルロールのルチア・ポップは、この録音だけでも、後の世まで語り継がれるような名唱で、独壇場とも言える。
cocolog-nifty.com musickp.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/r-379...このブログを読む
リザネクの舞台は、NHKホールで一度だけ観ている。
1980年10月2日(木)ウィーン国立歌劇場の2度目の来日公演の折の演目、リヒャルト・シュトラウス作曲『サロメ』で、むろんリザネクがサロメを演じた。
この来日公演のプログラムは総花的ではなく、モーツァルトの2作品『フィガロの結婚』『後宮からの逃走』と、R.
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/simmel20/20180407/1523071038このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.