ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1014日(土)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
さらに、ロマン主義=チェロを象徴するような作品が登場する。
それが、1897年に作曲された、リヒャルト・シュトラウスの交響詩「ドン・キホーテ」(track.1-14)。
ドン・キホーテをチェロが、サンチョ・パンサをヴィオラが担い、お馴染みの物語を丁寧に描き出すという、交響詩だけれど、協奏曲の要素があって、無言劇の雰囲気もあるという、おもしろい音楽。
blog.so-net.ne.jp http://genepro6109.blog.so-net.ne.jp/2017-10-14このブログを読む
作風はそうとうに変遷しそれぞれの時代にファンがいる。
リヒャルト・シュトラウスの強い影響下に作曲活動を開始、濃厚な中にも透明感のある清々しい作風で人気を博す。
やがてスクリアビンの影響をうけ神秘主義的作品を発表。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/r_o_k/e/d81af27bd07b7d3fd6f08...このブログを読む
家庭交響曲の作曲から20余年経て作曲されたもので、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲やプロコフィエフのピアノ協奏曲第4番と同じく第一次大戦で右手を失ったウィドゲンシュタインの委嘱によるものです。
単一の楽章で作曲されていて、腸チフスで重体となったリヒャルト・シュトラウスの息子フランツをめぐる体験がテーマになっており家庭交響曲のこどもの主題が引用されています。
cocolog-nifty.com http://bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2017/1...このブログを読む
2017/10/05 NHK-FM ベス...2017年10月5日(木) 06:07
(指揮)ケント・ナガノ
「変容」リヒャルト・シュトラウス作曲(29分56秒)
(弦楽合奏)ベルリン・ドイツ交響楽団
at.webry.info http://ebetunokaz.at.webry.info/201710/article_4.ht...このブログを読む
2017/10/02 NHK-FM ベス...2017年10月2日(月) 06:17
(ピアノ)ダヴィッド・フレイ
「交響的幻想曲「イタリアから」作品16」リヒャルト・シュトラウス作曲(46分09秒)
(管弦楽)フランス国立管弦楽団
at.webry.info http://ebetunokaz.at.webry.info/201710/article_1.ht...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.