ブログから、話題を知る、きざしを見つける

18日(月)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
「おまえ、いっつもなに聴いてんの?」「ん…まあ、ちょっとした(100年前の)洋楽」
"神は死んだ"という言葉で知られるニーチェの哲学書を元にした「ツァラトゥストラはかく語りき」(リヒャルト・シュトラウス)トランペットが木管楽器に“存在の永遠"を問いかける「答えのない問い」(チャールズ・アイヴズ)改造楽器の一種であるプリペアド・ピアノのために書かれた「危険な夜」(ジョン・ケージ)そして、あまりに過激な音楽とダンスゆえ、初演時に炎上騒ぎを巻き起こした「春の祭典」(イーゴリ・ストラヴィンスキー)孤独、自意識、宇宙、神、死、前衛、反逆。
思春期の男子の“中二病心理"をくすぐる曲はパンクやヒップホップだけじゃなかったストラヴィンスキー作曲「春の祭典」(通称ハルサイ)初演100周年記念。
blog.so-net.ne.jp toshiro5.blog.so-net.ne.jp/2018-01-08このブログを読む
換言すれば、これらの変化と熱気こそ"ロマン派"と19世紀音楽が呼ばれる所以であり、時代精神としてのロマンシズムの体現でもあった。
作曲家/演奏家の名前でいうなら、メンデルスゾーン/ワーグナー/ブラームス/チャイコフスキー/リヒャルト・シュトラウス/マーラーに代表される巨大オーケストラの動員であり、パガニーニ/ショパン/リスト/タンベルクらによる<ヴィルティオーゾ>作品だ。
後者が「音楽学校」「独習者向け技術教則本」の商業化に結びついたことも大きい、と著者は指摘する。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/14houkan05shoujou21/e/ba3dbbf...このブログを読む
ドホナーニのアプローチは解析的で、定番のオペラも一味違って聴こえ、より複雑なテイストが浮かび上がる。
そうして露わになる、前衛作曲家としてのリヒャルト・シュトラウス像...
ウルトラ・ロマンティシズムの耽美な世界に、近代音楽が随所に組み込まれていることが明確となり、それをまたしっかりと機能させ、ドラマをより精緻に繰り出す。
blog.so-net.ne.jp genepro6109.blog.so-net.ne.jp/2017-12-28このブログを読む
「歌劇「ナクソス島のアリアドネ」から“偉大なる王女様"」
リヒャルト・シュトラウス:作曲
(ソプラノ)横山 和美、(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団、(指揮)現田 茂夫
at.webry.info amashow-web.at.webry.info/201712/article_14....このブログを読む
「歌劇「ナクソス島のアリアドネ」から“偉大なる王女様"」
リヒャルト・シュトラウス:作曲
(ソプラノ)横山 和美、(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団、(指揮)現田 茂夫
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/amashow-web/e/0b4f70abe1a4652...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.