ブログから、話題を知る、きざしを見つける

106日(金)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
家庭交響曲の作曲から20余年経て作曲されたもので、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲やプロコフィエフのピアノ協奏曲第4番と同じく第一次大戦で右手を失ったウィドゲンシュタインの委嘱によるものです。
単一の楽章で作曲されていて、腸チフスで重体となったリヒャルト・シュトラウスの息子フランツをめぐる体験がテーマになっており家庭交響曲のこどもの主題が引用されています。
cocolog-nifty.com http://bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2017/1...このブログを読む
グンナル・イェルストレムは、オスロに生まれ、ピアノをナンネ・ストームなどに師事し、25歳の頃ピアニストとしてデビューした。
その後ウィーンへ行き作曲などを学び、リヒャルト・シュトラウスに師事した。
ピアノ協奏曲ヘ短調の作曲で受賞し、その後オルガニストとしても活躍した。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/okubo07haberfeldtreiben/e/88d...このブログを読む
次に読響の定期へ。
シモーネ・ヤングの指揮でプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番(ピアノ独奏はアブドゥライモフというウズベキスタンの若手ピアニスト)とリヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」。
シモーネ・ヤングはすでにいくつかの在京オーケストラを振っているが、読響へは初登場。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/eno1102/e/94aa3a8d4eb92522761...このブログを読む
ピアノ協奏曲第2番と同じような雰囲気もありますが、ヴァイオリンの演奏技巧に精通していたシュトラウスらしく、技巧的な面もあります。
リヒャルト・シュトラウスの作品だ!
と思って聴くと、我々が通常耳にする交響詩や楽劇とは全く違う響きがしますが、とても魅力的な曲です。
cocolog-nifty.com http://bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2016/1...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.