ブログから、話題を知る、きざしを見つける

126日(水)に語られたリヒャルト・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「リヒャルト・シュトラウス」について語っているブログ
神無しに美は存在しない2017年12月6日(水) 16:29
ベートーヴェンのピアノ協奏曲とシベリウスの交響曲で宗教的な作品ではなかったのだが、「三十年この方、これほど神を身近に感じたことがなかった」とその神学者が語ったという。
また有名な神学者と待降節の集まりで知り合い、本人は全くクラシックには興味が無くてロックファンということだったのだが、伝手で訪れたコンサートでリヒャルト・シュトラウスの交響詩とベートーヴェンの協奏曲などを聞いた。
その後病気で入院していた時にベットでヘッドフォンのラディオから流れるべート―ヴェンやブラームスを聞き出して、「今まで聞いていたものはあまりにも日常的で無意味だった、ブラームスなどは神の存在無しにはあり得ない。」と論文を新聞に投稿した。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/pfaelzerwein/e/ef603e828cbf55...このブログを読む
コンサート2017年11月12日(日) 07:45
いつもオペラを観ているゼンパーオーパーで、コンサートを聴いてきました。
プログラムはモーツァルトのピアノ協奏曲リヒャルト・シュトラウスの家庭交響曲でした。
ピアノはユンディ・リ、指揮はアラン・ギルバート。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yagisannyuubinn/e/de50dbca90b...このブログを読む
1998年3月29日 シャルル・デュトワ指揮 ブラームスのピアノ協奏曲第1番(ピアノ独奏:ブルーノ・レオナルド・ゲルバー)ほか
1998年4月18日 ウルフ・シルマー指揮 リヒャルト・シュトラウスの家庭交響曲ほか
1998年5月10日 アンドレ・プレヴィン指揮 モーツァルトの交響曲第39番ほか
cocolog-nifty.com rakuhoku.way-nifty.com/outouki/2017/10/nhk-a...このブログを読む
家庭交響曲の作曲から20余年経て作曲されたもので、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲やプロコフィエフのピアノ協奏曲第4番と同じく第一次大戦で右手を失ったウィドゲンシュタインの委嘱によるものです。
単一の楽章で作曲されていて、腸チフスで重体となったリヒャルト・シュトラウスの息子フランツをめぐる体験がテーマになっており家庭交響曲のこどもの主題が引用されています。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2017/1...このブログを読む
グンナル・イェルストレムは、オスロに生まれ、ピアノをナンネ・ストームなどに師事し、25歳の頃ピアニストとしてデビューした。
その後ウィーンへ行き作曲などを学び、リヒャルト・シュトラウスに師事した。
ピアノ協奏曲ヘ短調の作曲で受賞し、その後オルガニストとしても活躍した。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/okubo07haberfeldtreiben/e/88d...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「リヒャルト・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「リヒャルト・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.