ブログから、話題を知る、きざしを見つける

114日(日)に語られたヨハン・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ヨハン・シュトラウス」について語っているブログ
新年とあって司会に朝岡聡を迎え、指揮はこのシリーズおなじみの小林研一郎である。
ヨハン・シュトラウスのワルツ「美しき青きドナウ」、喜歌劇「こうもり」より"私の公爵様"、ヴェルディの歌劇「リゴレット」より「女心の歌」、プッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」より"私が街を歩くと"&"冷たき手を"が前半だが、全体に小林特有のモッタしたテンポで心踊るところのない音楽。
アデーレとムゼッタを歌った森麻季の声は不調なのか音量に不足していつもの華やかさがない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/maxkazama/e/fd6eb38685b19470c...このブログを読む
角田鋼亮さんの指揮と的を射たMC、面白かった。
前半は、ウィーンの音楽、ヨハン・シュトラウスの軽快な音楽。
そして、後半は、チャイコフスキーのシンフォニー5番、小生が好きな曲の一つである。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/serohikinogreenriver/e/2b4356...このブログを読む
やはりウィーンに拠点をもち、ウィーンの伝統を背負っているからこそにじみ出る素晴らしい演奏に酔いしれました
午後6時、ヨハン・シュトラウス2世作曲喜歌劇「こうもり」序曲で始まり、午後8時最後の曲、ヨハン・シュトラウス1世作曲ラデツキー行進曲まで14曲の素晴らしい演奏と、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニストの指揮者ヨハネス・ヴィルトナーの軽快なおしゃべりであっという間の2時間でした
新年早々、素晴らしい時間を過ごせたことに感謝し、今年も楽しく明るく過ごすべくいろいろなことにチャレンジして、ドーパミンが出てくるような心動く毎日にしたいものだと思います
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yito0905/e/01b70282a66aee9775...このブログを読む
シュトラウス2世)
それにつけても、ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団の指揮者陣(エシュヴェの他には、ヨハネス・ヴィルトナーやマルティン・ジークハルト。
あと、何故かフェドセーエフも結構振ってるらしい…)がニューイヤーコンサートを指揮したら、スター指揮者たちの演奏とどの程度違うのか(あるいは違わないのか)興味が出てきました。
cocolog-nifty.com kdmhp.cocolog-nifty.com/kdmblog/2018/01/cd-e...このブログを読む
特に、"南国の薔薇"は特に思い出深い曲で、それもその筈、25年前の私の結婚式のオープニングを飾った曲が、この"南国の薔薇"でした。
1880年11月7日に、作曲者であるヨハン・シュトラウス2世の弟エドゥアルト・シュトラウス1世の指揮によってウィーン楽友協会で初演されたそうです。
cocolog-nifty.com ohue.tea-nifty.com/blog/2018/01/post-331a.ht...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ヨハン・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ヨハン・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.