ブログから、話題を知る、きざしを見つける

73日(火)に語られたヨハン・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ヨハン・シュトラウス」について語っているブログ
クラシック倶楽部2018年7月3日(火) 05:20
「喜歌劇「ジプシー男爵」から「陽気に世界をさまよった」」
ヨハン・シュトラウス:作曲
(テノール)アンドレアス・シャーガー、(管弦楽)トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア、(指揮)マティアス・フレッツベルガ―
at.webry.info amashow-web.at.webry.info/201807/article_3.h...このブログを読む
今日の音楽 5月31日 ライムント時代の思い出
ヨハン・シュトラウスの幻想曲「ライムント時代の思い出」op.479は1898年5月31日にシュトラウス自身の指揮で初演されました。
この曲は、シュトラウスの死(6月3日)の直前、作品番号つきでは最後の作品になります。
cocolog-nifty.com bassist-juusan.cocolog-nifty.com/blog/2018/0...このブログを読む
そこから、曲にまつわるクラシックを二つ!
ヨハン・シュトラウス二世作曲:ワルツ「南国のバラ」
カール・シューリヒト指揮:ウィーン国立歌劇場管弦楽団の演奏でお聴き頂きました。
cocolog-nifty.com fm843.air-nifty.com/rinrinthu/2018/05/517-4d...このブログを読む
ただ、最近はウィンナ・ワルツで(自分にとって)満足な演奏を聴かせてくれる指揮者がいなくなった事が残念。
以前も申しておりますが、私はヨハン・シュトラウス一家のウィンナ・ワルツが大好きで、過去いろいろな指揮者、オケで楽しんで来ています。
古いレコード録音から引っ張り出して来るとクレメンス・クラウス、ウィーン・フィルのコンマスだったウィリー・ボスコフスキーがヴァイオリンを弾きながら指揮をしていた演奏を特に好んで聴いて来ました。
cocolog-nifty.com t-kondoh.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/2018...このブログを読む
ボスコフスキーの指揮するシュトラウス作品集。
ヨハン・シュトラウス二世
ワルツ≪ウィーンの森の物語≫※1
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/lbrito/e/c314f1629b92a8d66558...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ヨハン・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ヨハン・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.