ブログから、話題を知る、きざしを見つける

113日(土)に語られたヨハン・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ヨハン・シュトラウス」について語っているブログ
「ミルテの花」とは当時愛誦されていた詩を集めて「ミルテの花」と言う詩集にしたもので、シューマンは歌曲として作曲し、最愛のクララに贈っている。
ヨハン・シュトラウスにも「ミルテの花・ワルツ」と言うのがある。
私はこの「献呈」葉好きなんだ。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/ghanabelize/e/a2a799274745fce...このブログを読む
アンコール
1.ヨハン・シュトラウス:ポルカ・シュネル「雷鳴と電光」op.324
本曲も作曲されて150年。
cocolog-nifty.com guit-kichi.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/20...このブログを読む
ヨハン・シュトラウス作曲 : 「仮面舞踏会」のカドリーユ
ヨハン・シュトラウス作曲 : ワルツ「南国のばら」
ヨーゼフ・シュトラウス作曲 : ポルカ・シュネル「短い言づて」
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/serohiki_2016/e/9cd86ac2bf43f...このブログを読む
【プログラム】
ニューイヤーコンサートといえばやはりヨハン・シュトラウスヨハン・シュトラウス世の作曲したウィンナーワルツが定番です。
ポルカ「雷鳴と電光」では、オーケストラのメンバー数人が演奏の途中から前に出て来てカサをさしてステップを踏むパフォーマンスで、楽しませてくれました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/setopiano/e/1413af5f44e50624d...このブログを読む
やはりウィーンに拠点をもち、ウィーンの伝統を背負っているからこそにじみ出る素晴らしい演奏に酔いしれました
午後6時、ヨハン・シュトラウス2世作曲喜歌劇「こうもり」序曲で始まり、午後8時最後の曲、ヨハン・シュトラウス1世作曲ラデツキー行進曲まで14曲の素晴らしい演奏と、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニストの指揮者ヨハネス・ヴィルトナーの軽快なおしゃべりであっという間の2時間でした
新年早々、素晴らしい時間を過ごせたことに感謝し、今年も楽しく明るく過ごすべくいろいろなことにチャレンジして、ドーパミンが出てくるような心動く毎日にしたいものだと思います
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yito0905/e/01b70282a66aee9775...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ヨハン・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ヨハン・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.