ブログから、話題を知る、きざしを見つける

127日(土)に語られたヨハン・シュトラウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ヨハン・シュトラウス」について語っているブログ
らららクラシック2018年1月27日(土) 05:23
自分たちの理想とする音楽をダイレクトに表現できるだけでなく、観客と直接ふれあい、意見を聞くことができるのも、良い演奏につながる理由の一つなのだそう。
「ラデツキー行進曲」からヨハン・シュトラウス(父)リッカルド・ムーティ(指揮)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/amashow-web/e/6d0d92099a5edf6...このブログを読む
クラシック・ファンの年明けの風物詩、ウィーン・フィル ニューイヤーコンサートから。
ヨハン・シュトラウス作曲、ラデツキー行進曲を、2010年のライブから、ジョルジュ・プレートルの指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏でした。
「私もテレビで見ましたよ」といったツイートも♪
cocolog-nifty.com fm843.air-nifty.com/rinrinthu/2018/01/1181-d...このブログを読む
シュトラウス1世)で終わった。
いつの間にか、日本もニューイヤー・コンサートは、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサートのように、ヨハン・シュトラウスの曲を演奏するのが常となったようだ。
バレンタインやハロウィンの物真似、換骨奪胎とは違って、これはこれでいい。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/ocadeau3/e/3c0208e88644e4ac4e...このブログを読む
やはりウィーンに拠点をもち、ウィーンの伝統を背負っているからこそにじみ出る素晴らしい演奏に酔いしれました
午後6時、ヨハン・シュトラウス2世作曲喜歌劇「こうもり」序曲で始まり、午後8時最後の曲、ヨハン・シュトラウス1世作曲ラデツキー行進曲まで14曲の素晴らしい演奏と、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリニストの指揮者ヨハネス・ヴィルトナーの軽快なおしゃべりであっという間の2時間でした
新年早々、素晴らしい時間を過ごせたことに感謝し、今年も楽しく明るく過ごすべくいろいろなことにチャレンジして、ドーパミンが出てくるような心動く毎日にしたいものだと思います
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/yito0905/e/01b70282a66aee9775...このブログを読む
正月休み4日目2018年1月1日(月) 21:51
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)リッカルド・ムーティ
「ワルツ“南国のばら"」ヨハン・シュトラウス:作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、(指揮)リッカルド・ムーティ
blog.so-net.ne.jp furusawa2012.blog.so-net.ne.jp/2018-01-01このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ヨハン・シュトラウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ヨハン・シュトラウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.