ブログから、話題を知る、きざしを見つける

422日(日)に語られたメシアンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「メシアン」について語っているブログ
メシアン/トゥーランガリーラ交響曲
メシアン/トゥーランガリーラ交響曲、ルトスワフスキ/交響曲第3番、眠りの空間
エサ=ペッカ・サロネン指揮フィルハーモニア管弦楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団(ソニー)
teacup.com music.ap.teacup.com/cyubaki3/9628.htmlこのブログを読む
ということで、平日の晩にマーラーの3番とは少々ヘヴィーとは言え、満腹感とともに帰路につく。
大野氏は、テレビでマーラーの7番やメシアンの『トゥーランガリラ交響曲』を聴き、余裕を持ってメロディックに音楽を鳴らす指揮者だなぁという印象を持っていたが、きょうのマーラーで裏打ちされた。
求道的な指揮者だなと思った。
at.webry.info sake-onnna-uta.at.webry.info/201804/article_...このブログを読む
1月のまとめ2018年2月3日(土) 11:23
出稼ぎは、東京、静岡、千葉合わせて4件。
コンサートは、大野和士さん指揮都響でメシアン「トゥランガリラ交響曲」
ピーター・ウンジャン指揮N響で、ジョン・アダムズの「Absolute Jest」日本初演ほか。
asablo.jp kukikoketa.asablo.jp/blog/2018/01/31/8781357このブログを読む
2018-01-202018年1月22日(月) 16:43
ただ「くしゃみ」だけ気をつければいいんだけれども、これはハンカチで鼻を押さえてくしゃみすれば、ほとんど「ハックション」なんて音は出さないから、「ほぼだいじょ〜ぶ」。
さて、この日のプログラムは、その「トゥーランガリラ交響曲」の前に、トリスタン・ミュライユというメシアンの弟子によるメシアン追悼の小曲、ピアノ独奏による「告別の鐘と微笑み〜オリヴィエ・メシアンの追憶に」という曲の演奏があり、そのあとにいよいよ「トゥーランガリラ交響曲」。
指揮は大野和士、オンド・マルトノはもちろんろんで原田節。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/crosstalk/20180120このブログを読む
指揮:大野和士
ミュライユ作曲/告別の鐘と微笑みオリヴィエ・メシアンの追憶に(ピアノ:ヤン・ミヒールス)
メシアン作曲/トゥーランガリラ交響曲(ピアノ:同上/オンドマルトノ:原田節)
cocolog-nifty.com music-room.air-nifty.com/diary_new/2018/01/p...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「メシアン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「メシアン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.