ブログから、話題を知る、きざしを見つける

117日(水)に語られたムソルグスキーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ムソルグスキー」について語っているブログ
11月の予定2018年11月7日(水) 07:25
ラヴェル編曲のイメージがついてしまっているこの曲ですが、あれはラヴェルの音楽でありもともとの世界観とはかけ離れたものになっています。
ムソルグスキーが思い描いたイメージはどのようなものだったのか、同じ時期に作曲されたオペラの名作「ボリス・ゴドゥノフ」を聴きながらひもといていきます。
11日は狛江のエプタザールで1年半ぶりの室内楽。
cocolog-nifty.com kaz-matsumoto.cocolog-nifty.com/blog/2018/11...このブログを読む
<休憩>
3.ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」
at.webry.info jinryou.at.webry.info/201807/article_3.htmlこのブログを読む
おじさんの昼飲み 篇2018年6月27日(水) 22:25
ヒンデミット 交響曲「画家マティス」
ムソルグスキー(ラヴェル編曲) 組曲「展覧会の絵」
アンコール ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
at.webry.info nick-h.at.webry.info/201806/article_1.htmlこのブログを読む
しかし、「ミッシェル・プラッソン」といういかにも「フランスっぽい」響きの名前の指揮者と、本場中の本場「パリ管弦楽団」の組み合わせに、無性に掻き立てられていた。
プログラムは、ラヴェルの『高雅にして感傷的なワルツ』『ラ・ヴァルス』、ルーセルの『バッカスとアリアーヌ』第2組曲、そしてムソルグスキー『展覧会の絵』(ラヴェル編曲)だった。
そのコンサートの響きは、未だに脳裏に焼き付いている。
at.webry.info sake-onnna-uta.at.webry.info/201805/article_...このブログを読む
ドヴォルザーク/交響曲第8番
ムソルグスキー(ラヴェル編曲)/組曲「展覧会の絵」
モーツァルト/管楽器のための協奏曲集
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/lbrito/e/87cc37aa8f5dbb50ac9a...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ムソルグスキー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ムソルグスキー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.