ブログから、話題を知る、きざしを見つける

67日(木)に語られたベルギーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ベルギー」について語っているブログ
結局3時間以上も居座ってしまった。
ベルギーは、フランス革命以前オーストリア大公が治めていたので、そのあたりのかかわりも含めて、なるほど、おもしろかったです。
見たかったデッサンはすべてが展示されているわけではないし、オリジナルは痛まないようにしまってあるのでファクシミリ、だけど、ルーベンスのデッサンに初めて見るものがあるなど、それはそれでとてもよかったです。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/shohoji/20180604/1528102885このブログを読む
(7)ドミニク・ティエム(オーストリア)vs ?
(8)ダビド・ゴフィン(ベルギー)vsロビン・ハーセ(オランダ)
(9)ジョン・イスナー(米国)vsノア・ルビン(米国)
blog.so-net.ne.jp johotokkyuubin.blog.so-net.ne.jp/2018-05-25このブログを読む

北京の東交民巷(とうこうみんこう)という北京在外公館区域に住む日本、ドイツ、アメリカ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア、スペイン、ベルギーオーストリア=ハンガリー、オランダの公使やその家族約900人と、迫害を恐れて逃げ込んできた中国人キリスト教徒約3000人に対して、「扶清滅洋(清朝を助けて西洋外国勢力を撃滅する)」を旗印に、外国人排斥を叫ぶ武装集団・義和団と、それを支持した当時の清国で実権を握っていた西太后の清国正規軍隊が包囲し、連合軍の援軍が到着するまでの2ヶ月に及ぶ籠城戦の攻防という史実。
『 黄砂の籠城 』では、その籠城戦において11ヵ国をまとめ、実質的に指揮を執った日本人の柴五郎中佐と部下の日本兵の活躍を描いているが、『 黄砂の進撃 』では、何故、「扶清滅洋」を旗印にした義和団という集団が生まれたのか、東交民巷の包囲に至った理由は何か、といった中国側の社会的背景を加味しながら、その必然性を描いている。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/naozi/20180501/1525185176このブログを読む
なんともベルギーらしいシュールな話なので、書き留めておこうと思います。
1915年、第1次大戦のさなか、総指揮官である当時の王様、アルベール1世から、東部戦線に送られたベルギーの装甲車部隊、1917年、引き上げてこいという命令が下った時にはキエフにいて、その時点では、西の方の来た時の道は、ドイツ軍・オーストリア-ハンガリー軍、さらにはロシア革命故に通れず、反対側をグルーンと、世界1周して、1918年、ほとんど戦争が終わった頃、ようやくボルドーにたどり着いたんだそうです。
シベリアを横断、ウラジオストックから米国の船に乗ってサンフランシスコに上陸。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/shohoji/20180411/1523451777このブログを読む
オランダ
ベルギー
オーストリア
blog.so-net.ne.jp arars-pt.blog.so-net.ne.jp/2018-04-13このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ベルギー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ベルギー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.