ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1017日(火)に語られたプロメテウスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「プロメテウス」について語っているブログ
エイリアン:コベナント2017年10月17日(火) 22:08
人類移住計画により未知なる星にたどり着いた宇宙船コヴェナント号の乗組員たちを襲う謎の生物の恐怖を描く。
前作『プロメテウス』に引き続き、マイケル・ファスベンダーが乗組員たちをサポートするアンドロイド役で出演する。
始まりは哲学的な映像から始まる辺りが映画ファンとしては臭わせるに十分だよね。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/red-ginger/e/909c1473b118642c...このブログを読む
マイケル・ファスベンダーのあの無感情演技がドはまりで、形容するなら「マイケル・ファスベンダーを堪能する映画」。
雰囲気は「プロメテウス」よりよっぽど「エイリアン」に回帰しているけれど、エイリアン部分の魅力をそれほどに感じなかったのは、エイリアンよりも、「素人生物学者」としてむちゃくちゃやってるデヴィッドのほうがよっぽど不気味だからだろう。
それでいいのかリドリー・スコット?
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/chisato_k/20171002/1507000785このブログを読む
エイリアン コヴェナント2017年9月24日(日) 02:04
そうか、ついにデヴィットの物語になってしまったのか。
マイケル・ファスベンダー演じるデヴィットとウォルターが『プロメテウス』との懸け橋になってるっていうか、もはや、この2作はデヴィットの物語になってしまっている。
まあそれならそれでいいのだけれども、いってみればもともと主役は誰あろうエイリアンなわけで、これまで語ることをせずにきたエイリアンがデヴィットというアンドロイドを下僕にしてしまったことで、脳髄と言語を得たということになる。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/denbey-0515/e/780445001bcd9af...このブログを読む
本作でマイケル・ファスベンダーがデヴィッド、ウォルターの2体のアンドロイドを演じます。
デヴィッドは『プロメテウス』にも登場しますが、映画『アラビアのロレンス』が好きで、本作でもロレンスが一人ファイサル王子のもとへ向かうシーンで歌う歌を口ずさみますし、両作品でピーター・オトゥールのセリフをそらんじます。
ロレンスという人物の二股者ともとれる矛盾した存在が、デヴィッドのキャラクターを表しているでしょうか。
cocolog-nifty.com http://jewelry02664.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/...このブログを読む
なぜ、エイリアンという化け物が生まれたのか、というのが「プロメテウス」と本作が担う最も重要なテーマになるわけですが、その副産物として、そもそも地球人類と言うものも、なぜ生まれたのか、という話にまで及んだわけです。
プロメテウス」では、考古学者エリザベス・ショウ博士(ノオミ・ラパス)が古代の遺跡の発掘成果を基に、地球人類を導いてきた神=異星人「エンジニア」の星を目指す旅を企図し、それを巨大企業ウェイランド社の総帥、ピーター・ウェイランド(ガイ・ピアース)が後押しして、宇宙船プロメテウス号が旅立つ話が描かれました。
結局、その星でエンジニアたちは危険な生態兵器「エイリアン」のプロトタイプを開発しており、エリザベスと、アンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)を残して探検隊は全滅。
cocolog-nifty.com http://tujimoto.cocolog-nifty.com/tiger/2017/09/pos...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「プロメテウス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「プロメテウス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.