ブログから、話題を知る、きざしを見つける

518日(金)に語られたプッチーニといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「プッチーニ」について語っているブログ
西村の歌唱も堂に入っている。
河原忠之のピアノソロによる「マノン・レスコー」より第3幕への間奏曲(確かな構成力を感じさせる演奏であった)を経て、プッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」第1幕より。
当初は、「冷たきを」「私の名はミミ」「おお、麗しの乙女よ」の3曲を歌う予定だったのだが、リハーサルで興が乗ってしまったそうで、ロドルフォとミミの出会いから第1幕の終わりまでを演技付きで歌うことに変えたという。
cocolog-nifty.com rakuhoku.way-nifty.com/outouki/2018/05/385-e...このブログを読む
オペラ 「ラ・ボエーム」2018年4月7日(土) 10:15
19世紀のパリの学生街の屋根裏部屋でクリスマスイブに始まった詩人と
お針子の恋に出会いのアリア「冷たい」「私の名はミミ」はプッチーニ
音楽に引きつけられます。
cocolog-nifty.com owariminami.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/p...このブログを読む
19世紀パリのボヘミアン2018年4月3日(火) 10:00
『わたしの名はミミ』や『冷たいを』をはじめ、一度聴いたら忘れない名アリアが次々に出てくる。
プッチーニという作曲家は何とすごいメロディメーカーなんだろうと改めて感嘆します。
19世紀パリの情景と賑わいを舞台に再現した、フランコ・ゼフィレッリのスケール感あふれる美術セットと群衆シーンの演出は、METで半世紀にわたり愛される永遠の定番。
cocolog-nifty.com paxrex.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/19-a75...このブログを読む
一部の後半は、オペラやオペレッタの曲をそれぞれ二曲歌った。
ヘンデル、レハール、シャブリエ、モーツアルト、プッチーニなど、最後に歌った伊藤達人の「ボエーム」の「冷たきを」が素晴らしい。
今の日本で、彼のようにイタリア風の明るい声で歌える歌はあまりいないのではないだろうか。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/francescouno/e/d212762e1bfc96...このブログを読む
ビゼー:歌劇「カルメン」より『前奏曲』/『恋は野の鳥』(ハバネラ)(MS) /『ジプシーの歌』(MS)
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より『冷たきを』(T) 『私の名前はミミ』(S) 『愛らしい乙女よ』(S&T)
ストラヴィンスキー:バレエ組曲《火の鳥》(1919年版)
cocolog-nifty.com naoping.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/2018-...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「プッチーニ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「プッチーニ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.