ブログから、話題を知る、きざしを見つける

114日(日)に語られたプッチーニといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「プッチーニ」について語っているブログ
ビゼー:歌劇「カルメン」より『前奏曲』/『恋は野の鳥』(ハバネラ)(MS) /『ジプシーの歌』(MS)
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より『冷たきを』(T) 『私の名前はミミ』(S) 『愛らしい乙女よ』(S&T)
ストラヴィンスキー:バレエ組曲《火の鳥》(1919年版)
cocolog-nifty.com naoping.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/2018-...このブログを読む
新年とあって司会に朝岡聡を迎え、指揮はこのシリーズおなじみの小林研一郎である。
ヨハン・シュトラウスのワルツ「美しき青きドナウ」、喜歌劇「こうもり」より"私の公爵様"、ヴェルディの歌劇「リゴレット」より「女心の歌」、プッチーニの歌劇「ラ・ボエーム」より"私が街を歩くと"&"冷たきを"が前半だが、全体に小林特有のモッタしたテンポで心踊るところのない音楽。
アデーレとムゼッタを歌った森麻季の声は不調なのか音量に不足していつもの華やかさがない。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/maxkazama/e/fd6eb38685b19470c...このブログを読む
12月22日・プッチーニの達成2017年12月22日(金) 01:27
かかわる男を破滅に導くファム・ファタル(運命の女)を描いた「マノン・レスコー」、パリの貧乏詩人とお針子の恋愛病死もの「ラ・ボエーム」、ナポレオン戦争時代のローマの悲恋物語「トスカ」、日本の長崎を舞台に蝶々夫人と米国士官の恋を描く「蝶々夫人」、そして、中国の王女と異国の王子の謎かけ恋物語「トゥーランドット」と、プッチーニがけたオペラは、どれも時代、場所など趣向が凝っていて、観客の興味をいろいろな角度から刺激してやまない。
さらに、プッチーニは、オペラ作品のなかに、かならず美しい印象的なメロディーの歌曲を挿入し、さらに魅力を加えている。
「ラ・ボエーム」の劇中歌「冷たいを」、「トスカ」の劇中歌「歌に生き恋に生き」、「蝶々夫人」の劇中歌「ある晴れた日に」、「トゥーランドット」の劇中歌「誰も寝てはならぬ」などは、誰でも聴けばわかる。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/papirow/e/9c2652acc6c97235357...このブログを読む
運命の花嫁Femme fatale◇1◇2017年10月27日(金) 13:43
癖のあるダークブラウンの髪と、少し垂れ目気味の蒼い瞳をしたその少年は、父親にを引かれながらじっと庚の顔を見ていた。
「お嬢様、こちらがロベルト=ニコラス=プッチーニ様、お嬢様の許婚でございますよ。」
「許婚とは何ですか?」
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/i093120/e/45457c70f5c7cd0c92e...このブログを読む
上記の歌詞はロドルフォが歌う「冷たい」の一部。
「冷たい」と言えば、当然プッチーニのオペラだと思いきや、グーグル検索で上位にヒットするのはポルノグラフィの歌。
うちのパソコンは「つめたいて」と打ったら「冷たい羽先」と変換した。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/masashiiijima/e/3a76cb7e20a71...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「プッチーニ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「プッチーニ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.