ブログから、話題を知る、きざしを見つける

624日(日)に語られたプッチーニといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「プッチーニ」について語っているブログ
やがてローマへ修行に出て、当代切ってのヴァイオリニスト、コレッリの下で学び、多くの影響を受ける。
1707年、故郷、ルッカへと帰り、大聖堂の音楽を担うラ・カペッラ・ムジカーレ・パラティーナ(後にボッケリーニを輩出し、18世紀末以降、プッチーニ家が楽長を担った聖歌隊とオーケストラ...
)で、父の跡を継ぎヴァイオリン奏者となるものの、ヨーロッパ随一の音楽都市、ローマで学んだジェミニアーニにとって、ルッカでの仕事は刺激に欠けるものだったか...
blog.so-net.ne.jp genepro6109.blog.so-net.ne.jp/2018-04-03このブログを読む
曽我マエストロとは、これまでに第九のソリストとして3回共演させて頂きましたが、こういった形での共演は初めてでした!
しかもプッチーニの作品という、オーケストラにとっても歌い手にとっても難易度の高い作品でご一緒させて頂き、僕自身、とても学ぶものが多い、貴重な機会をいただきました!
2018年、滑り出しは好調だぜ!
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/che_gelida_manina/e/1729381bb...このブログを読む
→【国内オーケストラ編】読売日本交響楽団
「蝶々夫人」(プッチーニ)
指揮:ガエタノ・デスピノーサ(2017/10/08)
cocolog-nifty.com c-music.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/20161...このブログを読む
12月22日・プッチーニの達成2017年12月22日(金) 01:27
オペラは、もともと、ルネッサンス以降のヨーロッパで、古代ギリシアの演劇を復活させようとしてはじまったもので、その後、オペラから劇の部分だけをとり除いて、管弦楽や交響曲のオーケストラによるコンサートになったものである。
その意味で、プッチーニはヨーロッパ文化の最高到達点のひとつだと言っていい。
(2017年12月22日)
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/papirow/e/9c2652acc6c97235357...このブログを読む
きのう感激、きょう爆笑2017年10月2日(月) 16:30
昨夜は午後7時45分からの「せんくら」グランドフィナーレで、生のオーケストラを聞いてきました。
最初はプッチーニとマスカーニのオペラの一部分を聴きました。
ソプラノとテノールの独唱です。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/newone1123/e/86b7e9564eb17a3d...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「プッチーニ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「プッチーニ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.