ブログから、話題を知る、きざしを見つける

106日(金)に語られたプッチーニといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「プッチーニ」について語っているブログ
オーケストラピットってのは、たいてい狭いです。
そこに小さめな編成のオーケストラが入る時ならともかく、ワーグナーだとかプッチーニだとかの、大編成のオーケストラが入ると、オーケストラピットの中はすし詰め状態になるわけです。
フルートというのは、あんなに長い楽器を横にもって演奏するわけですから、やたらと場所を取るわけで、オーケストラピットの中では肩身が狭いモノなんだそうで、それぞれに工夫しながら、小さくなって吹いているんだそうです。
cocolog-nifty.com stone.tea-nifty.com/blog/2017/10/post-9540.h...このブログを読む
きのう感激、きょう爆笑2017年10月2日(月) 16:30
昨夜は午後7時45分からの「せんくら」グランドフィナーレで、生のオーケストラを聞いてきました。
最初はプッチーニとマスカーニのオペラの一部分を聴きました。
ソプラノとテノールの独唱です。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/newone1123/e/86b7e9564eb17a3d...このブログを読む
12)バラード 第1番(ショパン)/アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
13)ある晴れた日に 〜歌劇『蝶々夫人』(プッチーニ)/BBCコンサート・オーケストラ、指揮:バリー・ワーズワース
14)幻想即興曲(ショパン)/スタニスラフ・ブーニン(ピアノ)
ameblo.jp ameblo.jp/shiawasedesu/entry-12293211822.htm...このブログを読む
ここからは、プッチーニのトスカです。
プッチーニという作曲家は、音楽が美しく、流れが自由で、オーケストラの扱いがモーツァルトよりも重厚で、色とりどりです。
トスカの中でも、これを押さえれば大丈夫!!
blog.so-net.ne.jp aya-nagumo-piano.blog.so-net.ne.jp/2017-07-0...このブログを読む
ムーティの妙技とオーヴァーラップするところがある。
プッチーニは振らないムーティ、でもなんだか冴え技はそんな感じ。
オーケストラとともに舞台の上を見ながらの指揮姿、説得力ありますね。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/kappamethod1/e/1031ce066c4a77...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「プッチーニ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「プッチーニ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.