ブログから、話題を知る、きざしを見つける

72日(月)に語られたビゼーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ビゼー」について語っているブログ
私と同年代かそれ以上のシニアの方も多そうだが、歌声は若々しく衰えは感じられない。
●今日のプログラムは、多田武彦作曲(草野心平作詩)の「草野心平の詩から」と、三善晃作曲(福永陽一郎編曲、立原道造・中原中也作詩)の「三つの抒情」、そしてこれらの日本の合唱曲の間に、ビゼー作曲(吉川貴洋編曲)の「カルメン名曲集」を挟むという、とても楽しい趣向。
●日本の合唱曲二曲は、曲想は違えども、繊細で美しいことに変わりはなく、また、詩(=言葉)の大切さも十分に感じられ、音楽と言葉が一体化した詩情豊かな世界に浸って、心が洗われるような思い。
at.webry.info hiro-moon.at.webry.info/201807/article_2.htm...このブログを読む
「まる音」合同練習開始2018年5月21日(月) 13:16
まずはたじみオーケストラ合唱団と多治見市交響楽団が織りなすG.
ビゼーのオペラ『カルメン』のハイライトから練習を開始。
オーケストラは上々の滑り出し。
teacup.com black.ap.teacup.com/nakataka/2057.htmlこのブログを読む
照明の変化や歌手・合唱団の出し入れにより、歌への集中が促される好演出だった。
歌手はズルガの甲斐栄次郎を除いて、役の歌を望めず、合唱の声も若過ぎたが、それでもビゼーの美しさを全身で味わうことができた(指揮は佐藤正浩、管弦楽はザ・オペラ・バンド、合唱は国立音楽大学合唱団)。
『真珠とり』をCDで聴くようになったのは2005年、新国立劇場バレエ団が石井潤振付の『カルメン』を新制作して以来。
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/takuma25/20180307/1520404986このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ビゼー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ビゼー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.