ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1222日(金)に語られたハーツクライといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ハーツクライ」について語っているブログ
第62回有馬記念大予想2017年12月22日(金) 10:22
ハーツクライというのもまたあのディープインパクトの敗戦を彷彿とさせるだけに、逆転まであるかも知れない。
そして父ハーツクライでもう一騎はダービー2着のスワーヴリチャード。
こちらは勝ちきるまではいかないだろうが連下には押さえておきたい。
cocolog-nifty.com tanoshi-irie.cocolog-nifty.com/umai/2017/12/...このブログを読む
第62回有馬記念(G1)WEEK投稿12017年12月17日(日) 18:49
(昨年の完全的中有馬記念については、過去の投稿をご参照ください)
2005年有馬記念を制したハーツクライ(ルメール)は、2006年有馬記念に出走していません。
2005年有馬記念で2着となったディープインパクト(武豊)は、2006年有馬記念で1着となりました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/nbrian0520/e/af3d6e6e54f18e6e...このブログを読む
アルゼンチン共和国杯2017年11月5日(日) 14:43
ただし、今の東京の馬場は前があまりとまらない馬場。
かつディープインパクトよりハーツクライのような馬のほうが来る馬場。
ということで本命はカレンミロティック
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/JEPAS/20171105#1509860582このブログを読む
2017年秋競馬の展望を考える2017年10月30日(月) 11:39
先に言ったとおりに菊花賞は長丁場のレースであり、その長い距離を走るためには血統の中に長距離を走った親馬の素質を十分に受け継いでいることが条件になります。
その点においてサトノアーサーは平成の怪物場と称された無敗の三冠馬ディープインパクト産駒でサトノクロニクルは2500メートルから3000メートルを主戦場としていたハーツクライが親馬となっており素質は十分だといえます。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/gpiwatanabesyuuya/e/795c53f8f...このブログを読む
これで、サンデー、東サラ、シルクとしましたが、まるで詰め将棋のように最後のキャロットでは何に行くべきかが分かりました。
(サンデー)アートプリンセスの16(牝:父ハーツクライ、手厩舎)(東サラ)レッドエルザの16(牝:父ディープインパクト、国枝厩舎)サセッティの16(牡:父ハーツクライ、藤沢厩舎)(シルク)ウルトラブレンドの16(牡:父ロードカナロア、手塚厩舎)ユキチャンの16(牡:父ヨハネスブルグ、加藤征キャロット)リアアントニアの16(牝:父ディープインパクト、角居厩舎)ヴィヤダーナの16(牡:父オルフェーヴル、安田厩舎)ここまで種牡馬や厩舎の相性やバランスが良いドラフトは初めてですね。
ameblo.jp ameblo.jp/takemasa723/entry-12299607319.htmlこのブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ハーツクライ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ハーツクライ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.