ブログから、話題を知る、きざしを見つける

117日(水)に語られたハーツクライといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ハーツクライ」について語っているブログ
古馬になってからの活躍が見込まれます。
28日には国内では初めての、芝2000mの2歳G1レースホープフルステークスが中山競馬場で行われ、クリスチャン・デムーロ騎乗のハーツクライ産駒タイムフライヤーが差し切り勝ちを収めました。
レースは前半の1000m通過が59.6秒というハイペースの中、早めに仕掛けた武豊騎乗の4番人気ジャンダルムが一旦抜け出しましたが、やや仕掛けを遅らせたタイムフライヤーが直線で交わし最初の栄冠を手にしました。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/gpiwatanabesyuuya/e/38b950463...このブログを読む
小回りデルマーのインからスルスルと抜け出すTalismanicのピッチ、超スローの上がり2Fのダッシュ勝負でサササッとインに潜り込むジャンダルムのピッチ、園田の交流重賞をスイスイ逃げ切るハヤブサマカオーのピッチ、あれがEl PradoでありLady CapuletでありTom Fool
先週の勝ち馬でも、胴長のハーツクライ産駒でズブいようでいて中山内回りを意外にきれいに捲るホウオウパフューム(母母父El Prado)、阪神内回りの4角でミルコが何もしなくてもピッチを上げ後続を突き放しにかかったヴェルテアシャフト(母母父El Prado)、やっぱりEl Prado自って己主張強いなあ…Lady Capulet恐るべしやなあ…と実感できます
オブセッションは土曜にも言いましたが、基本的なイメージは“大きなアンドリエッテ"かな、パワーストライドでノシノシ差しますよね(・∀・)
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/3f20e99aca9be15f...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ハーツクライ」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ハーツクライ」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.