ブログから、話題を知る、きざしを見つける

321日(火)に語られたトランプ大統領といえば…

政治
1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「トランプ大統領」について語っているブログ
為替相場を読み解く2017年3月21日(火) 23:59
日米の金利差が意識され、為替も一気に円安に振れました。
しかし米国の長期金利急騰の動きが止まり、トランプ大統領の「我々の通貨は強すぎる」といった発言が報じられるに及んで、為替は一転して円高気味に推移。
先週のFOMC後には「米国の利上げは、今年は4回ではなく3回が濃厚」と報じられました。
cocolog-nifty.com http://hidetoshi-iwasaki.cocolog-nifty.com/1/2017/0...このブログを読む
米国の大統領は、行政府の最高権力者であると同時に米国軍の最高司令官も兼ねている。
世界中で過激派組織と戦う米国の兵隊に持たせる武器やドルは強い方が良いに決まっており、恐らく「米国にとって望ましいドル政策」に関して、様々な立場や考え方の人々からの意見がトランプ大統領の耳に入っているのだろう。
第4に、主要通貨圏で米国だけに「孤高の利上げ観測」が発生している現下の局面では、口先介入によるドル安誘導に強力な推進力を期待するのは難しい。
blogs.yahoo.co.jp http://blogs.yahoo.co.jp/openourfutureourlife/15540...このブログを読む
行き過ぎれば金融波乱も2017年3月21日(火) 22:36
相手国との関係で米国の赤字が大きいケースを“不均衡"と捉え、その背景には不公正な取引慣行があり、その是正に交渉で臨むということだが、貿易摩擦は避けられないだろう。
何よりも、赤字の“片寄り"となっている背景を深く検証せずに、「赤字=害悪」との直線的な(トランプ大統領の)解釈を基にした行動を、修正せず国家を挙げて取り組み始めたのは驚きといえる。
「本気でトコトンやる気なんだ!?」という感じだ。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/msi021112/e/7fb107d042058ef50...このブログを読む
米国1%は破綻した!
★安倍政権が、トランプ大統領の1月就任の前に、衆院不正選挙の強行を企む?
そのために国会の会期延長?
at.webry.info http://miagetasora.at.webry.info/201703/article_16....このブログを読む
腰砕けG20。 lower back b...2017年3月21日(火) 20:56
(2)この米国に対して、これまでG20財務相・中央銀行総裁会議は「あらゆる形態の保護主義に対抗する」という主張を共同声明文書に入れていたが、今月18日に閉幕した同会議では米国の反対でこれが削除(報道)された。
泣く子も黙る米トランプ大統領、政権の強権性だが、経済金融世界会議でも米国が異議を唱えればそれに従うしかないのが今日的世界基準(global standard)でもあることを世界に示した。
(3)G20はG7に代わって中国、ロシア、南米など新興国の経済力台頭であたらしい国際秩序のリーディング・G(グループ)として影響力を強めていたとみられていただけに、あっさりと米国の異議で保護主義に対抗する文言が共同声明から削られたのには少々驚いた。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/neko-09/e/68bb7aaaff8e3a2501d...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分
政治

経済

  
成分が似ている話題
  
この話題のRSS

「トランプ大統領」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「トランプ大統領」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.