ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1018日(水)に語られたスウェーデンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「スウェーデン」について語っているブログ
サーミの血2017年10月18日(水) 19:39
しかし、理解ありそうな教師ですら「サーミ人の脳は小さく難しい学問にはついていけない。」と拒否するのでした。
ある夜、スウェーデン人たちのダンスパーティーに紛れ込み恋に落ちます。
恋人を頼って町へ出て進学を試みるのでしたが・・・。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/kaeruyama5151/e/833a95bdab7f0...このブログを読む
中抜きが惜しい2017年10月14日(土) 09:47
「招かれざる客」という映画のタイトル(およびその内容)を想起させるところ。
ただし、ヒロインは最初は老いた姿で登場し、それから回想シーンで1930年代のスウェーデンの実情が映像化されているわけですが、映画はヒロインが母や妹と訣別するところまでしか描いておらず、その後どうやって伝統的なサーミ族とは異なる生き方を可能にしたかは分からないまま。
「その後」が描かれていれば重厚な出来栄えの傑作になったでしょうに、惜しいと思いました。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/ivelove/e/4ed0d56b5437e18bd04...このブログを読む
サーミの血2017年10月11日(水) 23:12
本作の女性監督、アマンダ自身も、サーミの血を引いているそうです。
物語の舞台となった1930年代、サーミ人は、劣等民族として差別を受け、スウェーデン人から、同化政策を受けました。
北欧のイメージと言えば・・・福祉国家、ム―ミン、サンタクロース・・・
yaplog.jp http://yaplog.jp/saraeiga/archive/2084このブログを読む
サーミ人の民族音楽という「ヨイク」を歌うシーンも忘れがたい。
監督はサーミ人の父とスウェーデン人の母の間に生まれたアマンダ・シェーネル監督(1986)という若い女性。
非常に才能があると思う。
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/kurukuru2180/e/4b09df1a0c88b4...このブログを読む
[Movie]「サーミの血」-Sami ...2017年10月7日(土) 16:29
ある時、スェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りでニクラスと出会うが…。
スウェーデンの暗黒歴史、1930年代のサミー族への差別政策を一人の少女の視点から描く。
サーミ人の血を引く監督の長編デビュー作。
d.hatena.ne.jp http://d.hatena.ne.jp/zom-1/20170918#p1このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「スウェーデン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「スウェーデン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.