ブログから、話題を知る、きざしを見つける

107日(土)に語られたジェンソン・バトンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ジェンソン・バトン」について語っているブログ
モータースポーツに「失恋」
ジェンソン・バトンはF1に17年間参戦したあと昨年末に引退したが、1シーズン余分に在籍したと思うと、F1日本GPの鈴鹿で打ち明けた。
バトンは2012年11月にマクラーレンで優勝したのが最後で、チームはその後順位が下位に後退したため、モータースポーツに失恋したと述べた。
livedoor.jp http://blog.livedoor.jp/markzu/f1-news/52054791.htm...このブログを読む
マクラーレンは明らかに選択肢ではなかったが、過去のトラック外の問題にもかかわらず、アロンソには多くの求婚者がいた。
ロス・ブラウンは、アロンソが(ジェンソン・バトンが楽々とタイトルを獲得した)2009年のシートのオファーを断ったと主張した。
しかし、アロンソが次の移籍先として選んだのは、F1で最も成功しているチーム、フェラーリだった。
livedoor.jp http://blog.livedoor.jp/markzu/f1-news/52053870.htm...このブログを読む
昨年までチームメイトを務めた
ジェンソン・バトンは、今年は
リザーブドライバーとしてチーム
blog.goo.ne.jp http://blog.goo.ne.jp/hrs11/e/79d3ae4ffcaf2068f6ad4...このブログを読む
彼は2000年から2002年まで3連勝し、その後2004年にも優勝したが、すべてチームはフェラーリだった。
2位はジェンソン・バトンで、2009年ブラウンGPで優勝し、2010年と2012年はマクラーレンで優勝した。
F1チームのF1オーストラリアGP優勝回数
livedoor.jp http://blog.livedoor.jp/markzu/f1-news/52041496.htm...このブログを読む
思い起こせばホンダは前回3度目のF1参戦期(2000年2008年)の間にも同様に、当時トップ・オフ・トップドライバーのひとりであったジャック・ビルヌーブを起用したものの、彼に勝てるマシンを与えることができずに、何シーズンもの時間を浪費させ、ビルヌーブのF1ドライバー・キャリアを台無しにさせてしまった過去があります。
またビルヌーブが去った後、エースドライバーとなったジェンソン・バトンに対しても、ホンダは大半のシーズンにおいて競争力があるマシンを与えることができず、ジェンソン・バトンの大開花はホンダ撤退後のブラウンGPでのチャンピオン獲得まで待たされることとなりました。
2000年代前半はミハエル・シューマッハのフェラーリが圧倒的に強いシーズンが続いたという不運もありますが、チーム体制の変更が多発し、マネジメントが安定していなかったことやマシンの開発が進まなかったホンダ自身に責は無しと言えないでしょう。
cocolog-nifty.com http://watanko.way-nifty.com/fundandcar/2017/03/pos...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ジェンソン・バトン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ジェンソン・バトン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.