ブログから、話題を知る、きざしを見つける

127日(木)に語られたコントラバスといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「コントラバス」について語っているブログ
ドラムとかパーカッションとかラッパ系抜きでしたが、(あ〜仙道さん!)
返って、ギターやピアノやチェロやコントラバスも印象的でした!
お久の柏木さんは、葉加瀬さんとは対照的で髪の毛スッキリ好オジサン。
yaplog.jp yaplog.jp/moraine2007/archive/2614このブログを読む
今回の出演は、あかぎしほ(ピアノ)、登敬三(テナーサックス)、橋本達哉(ドラムス)のトリオで、2部構成のLIVE。
前回観た時はドラムはなく、船戸さん(コントラバス)が
参加されていました。
blog.so-net.ne.jp tbm.blog.so-net.ne.jp/2017-12-06このブログを読む
2017/11/1 山野 友佳子トリオ...2017年11月3日(金) 05:53
にぎやかな曲でと紹介してましたがここでも力強いタッチのピアノが会場を魅了します。
セカンドセットはアルバムに入っているオリジナルのルナからです、左手が細かくリズムをきざみます、右手はとても力強くスタートです、徐々にスピードアップをドラムが煽ります、季節ものオータムリーブスはマスターのギターで盛り上がります、コントラバス、ギーターの響きが最高でした。
マイロマンスでも盛り上がりました、ダットゼアー??
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/konomu_s1111/e/0726a420bb69f7...このブログを読む
永沢哲+齋藤徹@東北沢OTOOTO2017年10月29日(日) 10:35
次第に激しくなるふたりの音は、ときに、周波数の綺麗な山を破裂させるブラシと弦でもあった。
永沢さんはドラムを和楽器の鼓のようにも鳴らし、コントラバスがその音の集約をまたダイヴァーシファイさせた。
永沢さんが演奏を小休止させ、サウンドが次の章に入った。
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/sightsong/e/fbf9596f15b503ce8...このブログを読む
一色知希 ピアノ、アレンジ作曲
瀬尾鮎子 バイオリン、瀬野恒 コントラバス、川浪幸恵 バンドネオン、中村憲司 ドラム・パーカッション
長浜奈津子は
blog.goo.ne.jp blog.goo.ne.jp/boedo/e/6a063a340e7574a22fc64...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「コントラバス」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「コントラバス」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.