ブログから、話題を知る、きざしを見つける

613日(水)に語られたオルガンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「オルガン」について語っているブログ
「アポロの6弦琴」は、ブクステフーデに献呈されたといわれる鍵盤盤楽器のための6つの変奏曲である。
その中の一つ「アリア"ゼバルディーナ"と変奏」は、アリアの多彩な変奏が、オルガン音楽の音色の多様性と美しい響きを聞かせる。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201806/article_13.htmlこのブログを読む
( ジャズ )2018年6月11日(月) 06:38
父愛用のオルガンだけにスポットライトが当たります。
響いてきたのは、事前に真さんが父になりきって演奏したオルガンの音。
真さんはその音色についていくように、そばでピアノを弾きました。
cocolog-nifty.com handle3029.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/po...このブログを読む
オルガンで弾いたよ!2018年6月9日(土) 07:07
トランペット吹きの休日…
トランペットの音色オルガンにチャレンジ
ピアノより鍵盤はやわらかいけど、しっかりと弾かないと
at.webry.info music-t.at.webry.info/201806/article_1.htmlこのブログを読む
「いかに美しきかな暁の明星は(BuxWV223)」「われ汝を呼ぶ、主イエス・キリスト(BuxWV196)」「甘き喜びのうちに(BuxWV197)」「来たれ聖霊、主なる神(BuxWV199)」「今我ら聖霊に願い奉る(BuxWV208)」など。
バッハやパッペルベルなども同様にコラールに基づくオルガン曲を作っているが、ルター派のコラールの旋律には素朴な明るさと清らかさがあり、それをオルガンの多彩な音色が優しく歌う。
大きな力に包まれる安らかさがある。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201806/article_7.htmlこのブログを読む
プログラムの構成としては,「前奏曲とフーガ」「トッカータ,アダージョとフーガ」「パッサカリア」などの重量感のある曲の間に,コラールなどの穏やかな感じの曲を配する絶妙の配置になっていました。
前半後半とも,いかにもオルガン曲らしい,輝きと重厚さと力強さを持った曲の間に,1曲ごとに音色が変化する,柔らかな雰囲気を持った曲が挟まれていました。
「トッカータとフーガ」「小フーガ」といった,超名曲が入っていなかったのも良かったと思います。
cocolog-nifty.com oekfan.air-nifty.com/news/2018/05/post-9c6e....このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「オルガン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「オルガン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.