ブログから、話題を知る、きざしを見つける

712日(木)に語られたオルガンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「オルガン」について語っているブログ
いろいろごちゃ混ぜ感が強い演奏会でしたが、中庸の美を重んじる様子で、イマイチ弾けないなあ。
声楽、オルガン、ギター、ガンバ、リコーダなどを交えたアンサンブルはそれなりの楽しさはあるんですが、ここぞって聞かせどころがない。
美しいんですけどね。
asablo.jp dede.asablo.jp/blog/2018/07/12/8914492このブログを読む
何度も聞く古楽2018-84バッハ 「オルガン独奏のためのトリオソナタBWV525-530」
バッハ(独1685-1750)のこのオルガンのトリオソナタは、3楽章構成で6曲あるが、詩情に満ちた美しい曲ばかりで、どの曲にも惹きつけられる。
3人で演奏されるソナタ形式を一人で、右手、左手、両足で3パートを演奏する。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201807/article_10.htmlこのブログを読む
照る山もみじ2018年7月10日(火) 05:07
みんな微妙に違っていてとても楽しい。
BWV373はオルガン版、合唱版ともに美しい
カンタータに採用がないのが残念だ。
cocolog-nifty.com brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2018/07/pos...このブログを読む
「アポロの6弦琴」は、ブクステフーデに献呈されたといわれる鍵盤盤楽器のための6つの変奏曲である。
その中の一つ「アリア"ゼバルディーナ"と変奏」は、アリアの多彩な変奏が、オルガン音楽の音色の多様性と美しい響きを聞かせる。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201806/article_13.htmlこのブログを読む
何度も聞く古楽2018-53ブクステフーデ オルガン・コラール「いかに美しきかな暁の明星は」
ブクステフーデ(独1637-1707)については、パッサカリアのような壮大なオルガン曲の一方で、オルガンコラールの作品群は、素朴で美しい魅力がある。
「いかに美しきかな暁の明星は(BuxWV223)」「われ汝を呼ぶ、主イエス・キリスト(BuxWV196)」「甘き喜びのうちに(BuxWV197)」「来たれ聖霊、主なる神(BuxWV199)」「今我ら聖霊に願い奉る(BuxWV208)」など。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201806/article_7.htmlこのブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「オルガン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「オルガン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.