ブログから、話題を知る、きざしを見つける

613日(水)に語られたオルガンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「オルガン」について語っているブログ
「アポロの6弦琴」は、ブクステフーデに献呈されたといわれる鍵盤盤楽器のための6つの変奏曲である。
その中の一つ「アリア"ゼバルディーナ"と変奏」は、アリアの多彩な変奏が、オルガン音楽の音色の多様性と美しい響きを聞かせる。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201806/article_13.htmlこのブログを読む
何度も聞く古楽2018-53ブクステフーデ オルガン・コラール「いかに美しきかな暁の明星は」
ブクステフーデ(独1637-1707)については、パッサカリアのような壮大なオルガン曲の一方で、オルガンコラールの作品群は、素朴で美しい魅力がある。
「いかに美しきかな暁の明星は(BuxWV223)」「われ汝を呼ぶ、主イエス・キリスト(BuxWV196)」「甘き喜びのうちに(BuxWV197)」「来たれ聖霊、主なる神(BuxWV199)」「今我ら聖霊に願い奉る(BuxWV208)」など。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201806/article_7.htmlこのブログを読む
「主は、この賤しい主の卑女(はしため)にも目を留めてくださった」とマリアが歌う可憐な声が、そのまま聞こえてくるような素敵な一曲である。
通奏低音のオルガンが、歌をやさしく支える。
また、宗教的マドリガーレに「悲しみの聖母マリア」「マリアよなぜ泣くのか」といった美しい曲がある。
at.webry.info treeman.at.webry.info/201805/article_27.htmlこのブログを読む
どうせイメージにするなら、美しいチェロの音でも意識すればいいのにね。
せめて音取りで使っているシンセ(笑)の音色をピアノじゃなくて、オルガンとかヴァイオリンとかに変更すると、だいぶイメージ変わるのになあ…とその時は思いましたが、私のシンセ、一度スイッチを切って、入れ直してしまうと、必ずピアノの音になってしまうわけで、ついつい喉元を過ぎてしまえば、すっかり忘れて、ピアノの音で音取りしています。
ダメだな。
cocolog-nifty.com stone.tea-nifty.com/blog/2018/05/post-af4b.h...このブログを読む
2018、05、15、火曜、晴れ、2018年5月15日(火) 06:19
今週の古楽の楽しみはジローラモ・フレスコバルディーの音楽。
オルガンやチェンバロの曲等です。
ミサ曲「これも美しい曲です。」
d.hatena.ne.jp d.hatena.ne.jp/yakimono704/20180515/15263327...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「オルガン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「オルガン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.