ブログから、話題を知る、きざしを見つける

920日(木)に語られたオルガンといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「オルガン」について語っているブログ
ブクステフーデのオルガン曲には、プレリュード、トッカータなど沢山あるが、コラールやパッサカリアなどが、素朴で柔らかく聞く人の心に語りかけてきて印象的である。
特にパッサカリアニ短調は、ヘッセの小説「デミアン」の中で、「古いオルガン音楽のえり抜きの曲」で「この異様な深い沈潜的な、自分自身に聞き入っているような音楽に浸った。
それはいつ聞いても快く、心の声を正しとするような気分を一層強くした」と書かれている。
cocolog-nifty.com suspect4760.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/1...このブログを読む
ゴミひとつない清潔な駅、駅員さん1名。
上下4往復くらいが停車する小さな塔里駅、古い足踏み式のオルガンが置いてあり、私が来たと一緒にお母さんがオルガンで「故郷の春」を弾き始めました。
ちょっとジーンとくる場面です。
cocolog-nifty.com takatoorthod.way-nifty.com/myblog/2018/07/po...このブログを読む
別にファルテ・ピアノが同じ音だとか言うわけではないんですが、でもこういった古い楽器の音は過去に経験がなくても何か懐かしさを覚えるのが不思議というか面白いというか。
そう言えば当時の親戚の家には足踏み式オルガンも...
懐かしい〜!
at.webry.info musicmaniac.at.webry.info/201807/article_7.h...このブログを読む
題名のない音楽会2018年6月16日(土) 12:07
鈴木雅明氏は、他の(ドイツの古いオルガンを弾き歩く、という趣向の)番組で「僕は、今でも自分を指揮者だと思ってなくて、オルガニストだと思ってる。
常にオルガンが(演奏の)基本として、頭にある」と言っていたし。
なので、曲(編成)によっては、チェンバロやポジティブ・オルガンを弾きながら指揮する、いわゆる「弾き振り」もする。
cocolog-nifty.com cancer476.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/pos...このブログを読む
もし通った方は覚えておいでかも知れないが、五六歳の時、ヤマハの音楽教室に通った記憶がある。
短期間だったが、オルガンを習っていた。
古い礼拝堂、教会が教場だった。
blog.so-net.ne.jp kometotaiyou.blog.so-net.ne.jp/2018-06-09このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「オルガン」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「オルガン」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.