ブログから、話題を知る、きざしを見つける

1014日(日)に語られたエルサレムといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「エルサレム」について語っているブログ
エルサレムの平和のために祈れ2018年10月14日(日) 01:14
エルサレムは一神教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教それぞれの聖地です。
エルサレムのエルとは神、あるいは神の現れる、大いなるという意味であり、サレムとは平和です。
エルサレムの現状は、名前の意味とはかけ離れています。
cocolog-nifty.com capha.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-e6...このブログを読む
悪魔が底無き穴につながれ、誘惑がなくなり、主を知る知識と平和が大海のように世界に満ちるとは、考えただけでも心がおどるではないか。◆ここの描写にある分割された聖地は各部族に整然と配分され、少しの無駄もない。
そこから想像されるのは、黙示録における永遠の都エルサレムも、非常にみごとで整えられた都ではないだろうか、ということである。
主は弟子たちに、「わたしの父の家には住む所がたくさんあります。
cocolog-nifty.com hsgakuin.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post...このブログを読む
グルッセ『十字軍』2018年9月5日(水) 22:45
青少年向けと言っても、内容がわかりやすく書かれているわけではなく、どう見ても普通の歴史の本である。
内容は、第一回十字軍によるエルサレム王国及びエデッサ、アンティオキア、トリポリの各公国の建国から、イスラム勢力の反攻による衰退、そして聖地での最後の拠点アッコンの陥落までの約200年の歴史。
ラテン帝国やキプロス王国といった他の十字軍国家のことはほとんど出てこない。
cocolog-nifty.com sfish.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-f4...このブログを読む
ここから四八章までは新しく再建される神殿の図面や聖具、聖地の様子で、千年王国時代のことと思われる。
キリストは地上再臨し、はなよめとともにエルサレムに臨在される。
一方、復活していないが民族として回心したイスラエルは祭司の民として神殿で主に仕え、世界の諸国民は礼拝をささげるため毎年エルサレムに上って来る。▼主を知る知識が海のように世界をおおい、偶像は姿を消すが、王国はあくまでも今の世界の延長なので、病気や死は皆無ではない。
cocolog-nifty.com hsgakuin.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post...このブログを読む
聖地にはイスラエル人が次々と帰還し、まるで御霊の注ぎを待っているかのようである。
「わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと嘆願の霊を注ぐ。
彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見て、ひとり子を失って嘆くかのように、その者のために嘆き、長子を失って激しく泣くかのように、その者のために激しく泣く。
cocolog-nifty.com hsgakuin.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「エルサレム」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「エルサレム」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.