ブログから、話題を知る、きざしを見つける

722日(日)に語られたエルサレムといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「エルサレム」について語っているブログ
ならず者国家「イスラエル」2018年7月22日(日) 07:16
ベツレヘムにある生誕教会を世界遺産に登録したことが気に食わず、米国のトランプ大統領がユネスコからの脱退を指示した。
また、トランプはエルサレムをイスラエルの正式な首都と定め、アメリカ大使館を同地に移転させることを決めた。
どこまでパレスチナを虐めれば気が済むのだろう。
cocolog-nifty.com home-9.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-c...このブログを読む
一つはトランプ大統領による「アメリカ・ファースト」のやり方であるといえる。
特に保護貿易主義に関してと、イスラエルのエルサレム首都の問題は、かなり大きな問題となっている。
勿論賛否両論あり、その内容に関してはさまざまであろう。
cocolog-nifty.com udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2018/06/post...このブログを読む
米朝首脳会談実現の含意2018年6月13日(水) 12:45
これが出来た背景は、逆説的ですがトランプ大統領が暴走気味であることと表裏一体です。
トランプ政権はここに至るまで人事面でも政策面でも迷走を続けており、ロシア疑惑、セクハラをはじめとし、重要閣僚ポストがなかなか決まらなかったり、公約通りとはいえ、エルサレムをイスラエルの首都と認めたりするなど非常に物議を醸す決定を続けてきています。
関税問題やG7での振る舞いなどもそう。
at.webry.info ensaigaisai.at.webry.info/201806/article_1.h...このブログを読む
そもそもトランプ大統領は選挙で自分を勝たせてくれた有権者に対しては約束を守ろうとしております。
移民排斥もTPP離脱もパリ協定離脱も公約通りですし、イラン核合意離脱やイスラエルの米大使館エルサレム移転もそうですが、ある意味愚直に取り組んでおります。
米朝会談もオバマ大統領の戦略的無視政策を転換した結果と喧伝できる状況にあり、トランプ大統領自身が前のめりになっている状況です。
cocolog-nifty.com btrainj.cocolog-nifty.com/hasirundesu/2018/0...このブログを読む
また、中国企業が外債発行による資金調達を膨らませていることについては、昨日(5月18日(金))付け日本経済新聞朝刊8面記事「中国企業、外債頼み 14月発行2.8倍 国内より低金利」が指摘しています。
さらに、アメリカ・トランプ大統領によるイラン核合意離脱宣言と在イスラエル・アメリカ大使館のテルアビブからエルサレムへの移転が中東情勢の今後に不安を呼んで原油高を招いていることも現在の世界経済を考える上で非常に重要です。
これらの現在の世界経済を巡る様々な問題は、現在の世界の政治・経済システムが抱える根本的な矛盾点が一気に吹き出した結果だと言えるでしょう。
cocolog-nifty.com ivanwil.cocolog-nifty.com/ivan/2018/05/post-...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「エルサレム」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「エルサレム」と共に語られていた言葉を一覧できます。

今日の注目の話題ランキング
© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.