ブログから、話題を知る、きざしを見つける

717日(火)に語られたウェーバーといえば…

1年グラフ
過去1年のキーワード言及エントリー数週次推移グラフです。
グラフの気になる点をクリックすると、「関連語」「ブログエントリー」「この話題の主成分」がクリック時点のものに切り替わります。
グラフクリックでその週の内容を表示します(週単位で1年間表示)ヘルプ
「ウェーバー」について語っているブログ
クラシック倶楽部2018年7月17日(火) 09:03
「協奏二重奏曲 作品48」
ウェーバー:作曲
(クラリネット)ファブリツィオ・メローニ、(ピアノ)吉川隆弘
at.webry.info amashow-web.at.webry.info/201807/article_16....このブログを読む
ドイツ語・奥深い森2018年7月16日(月) 20:20
その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。
ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com geelnoyanugraufokm.cocolog-nifty.com/blog/20...このブログを読む
ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。
ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com f4ruyaneear7rtt.cocolog-nifty.com/blog/2018/...このブログを読む
BRD・重厚な印象2018年7月15日(日) 00:10
ドイツ旅行の貴重な体験としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。
ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com ensfehka1tt0et7vmr0l.cocolog-nifty.com/blog/...このブログを読む
ドイツ語・魅惑の国II2018年7月10日(火) 14:20
ドイツの旅の想い出としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。
ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。
歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。
cocolog-nifty.com enea385raayos.cocolog-nifty.com/blog/2018/07...このブログを読む
この話題の関連動画
この話題の主成分

成分分析ができませんでした。

この話題のRSS

「ウェーバー」について、2種類の情報をRSSで取得することができます。

きざし的フォークソノミー

過去1年間で「ウェーバー」と共に語られていた言葉を一覧できます。

© kizasi Company, Inc. All Rights Reserved.